マンハントでドゥチウを演じたチャンハンユーとはどんな俳優?

チャン・ハンユー

ジョン・ウー監督作品『マンハント』で福山雅治とW主演を務めたチャン・ハンユーとはどんな俳優なのでしょう。
あまり情報がないのですが、プロフィールをまとめてみました。

Sponsored Link

『マンハント』の作品情報

【原題】追捕 Manhunt
【劇場公開日】2018年2月9日
【製作年】2018年
【製作国】中国
【配給】ギャガ
【監督】ジョン・ウー
【キャスト】チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン、國村隼、竹中直人、倉田保昭、斎藤工、桜庭ななみ、他。

あらすじ

酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。
引用元:『マンハント』公式サイト

チャン・ハンユーのプロフィール

tokikoeさん(@tokikoe)がシェアした投稿

生年月日:1964年12月19日
出身地:中国 北京市

子供のときから映画が好きで、セリフを声色を変えて遊んでいるうちに声優業に興味を持ったそうです。

実際、中学・高校生の時にはアニメの吹き替えのアルバイトもしたとのこと。
遊びだったのが仕事になるってすごいですね!

高校卒業後は1985年に北京・中央戯劇学院表演系で演技を学んだそうです。
1988年からは10年間声優業で様々な役を演じました。

1990年代の終わり頃から俳優としても活動を始めます。
馮小剛(フォン・シャオガン)監督作品に多く出演しますが、役名のない端役が多かったようです。

2007年にようやく日の目を見たのはやはり馮小剛作品で、『戦場のレクイエム』の主役に抜擢されたのです。
映画はヒットし、チャン・ハンユーも一躍スターとなります。

この作品で金鶏百花奨・金馬奨の主演男優賞など多くの映画賞を受賞しました。

@_yan_hing_がシェアした投稿

私生活では元女優のヤン・メイズと結婚し、女の子に恵まれました。

奥さんのヤンはチャン・ハンユーの着るものをすべて見立て、スタイリストのような役割をしているようですよ。

Sponsored Link

チャン・ハンユーの出演作

イノセントワールド -天下無賊-


チベットを出発した列車内での泥棒たちの攻防を描いた作品です。
チャン・ハンユーは私服の警官を演じています。

孫文の義士団

革命派と清朝廷の対立が激化する清末の中国。
香港に行く孫文を暗殺しようとするグループが香港に向かい、一方革命派は孫文の護衛作戦を立てる。

チャン・ハンユーは孫文を演じています。
この映画は第29回香港電影金像奨で作品賞、監督賞をはじめ8部門を受賞しました。
ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ワン・シュエチー、レオン・カーフェイなど中国のスターたちが顔を揃えています。

項羽と劉邦/White Vengeance


チャン・ハンユーは張良を演じています。

グレートウォール


チャン・イーモウ監督の歴史アクション映画。
チャン・ハンユーはシャオ将軍を演じています。

水滸伝 All Men Are Brothers

水滸伝

テレビドラマですが、チャン・ハンユーの代表作の一つです。
主役の宋江を演じています。

総工費40億円をかけた、東京ドーム6.5個分の巨大なオープンセットは水滸伝パーク(水滸影視城)として山東省で一般に公開されました。
全86話ある大作です。

まとめ

・チャン・ハンユーは声優としても活躍してきた俳優。
・現在は歴史大作にも多く出演。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする