泣くな赤鬼の感想とあらすじ!ネタバレをラスト結末まで

赤鬼

堤真一主演の『泣くな赤鬼』ですが、ご覧になったうぃーん様(20代・男性)からネタバレと感想をいただいています。
映画未視聴の方はご注意下さいね!

Sponsored Link

『泣くな赤鬼』の作品情報

この投稿をInstagramで見る

@tirishanがシェアした投稿

【劇場公開日】2019年6月14日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】KADOKAWA
【監督】兼重淳
【キャスト】堤真一、小渕隆、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、佐藤玲、キムラ緑子、麻生祐未、他

『泣くな赤鬼』のあらすじ

Sponsored Link
城南工業野球部の監督である小渕隆は、日焼けして赤くなった顔とその鬼のような指導ぶりから「赤鬼先生」と呼ばれています。
甲子園出場を果たせずに悔しい思いをしたのは、10年前。
かつての情熱はなく、疲れた中年になっていました。

そんな時、かつての教え子で「ゴルゴ」と呼ばれていた斎藤智之と病院で再会。
才能はあったのに、忍耐のなさから高校をやめてしまったゴルゴは、今では一人前に成長していました。

しかし、赤鬼先生は、ゴルゴがガンのために余命半年であることを知らされます。
優しい言葉をかけられず、厳しい指導ばかりでしか教え子に向き合えなかったことに後悔する赤鬼先生は、ゴルゴのために、かつて叶わなかった甲子園への出場を賭け、決勝戦の再現試合を企画するのでした。

『泣くな赤鬼』のネタバレ

高校教師の赤鬼は、大学病院で、かつての教え子だったゴルゴと再会することになりました。
ゴルゴは高校2年で中退し、暴力や暴走で警察に捕まる荒れた高校生という過去を持っています。
しかしながら、現在では工場で働いており、妻の雪乃と息子のシュウとともに真面目に暮らしていました。

赤鬼が勤めていた港南高校の野球部は、甲子園まであと一歩というところで敗退してしまいました。
当時の赤鬼は部員である生徒に厳しく接していました。

「赤鬼」というあだ名は、かつて港南高校に在籍していたときについたあだ名です。
野球部の監督をしていた小渕は、日に赤く焼けた肌と、常に怒ったような表情、部活での厳しい指導などから、生徒の間で「赤鬼先生」と呼ばれていました。

しかし元々彼が野球部に力を入れていた理由は、「野球」と「野球部」が大好きで、努力し強くなっていく選手を見るのが好きだからでした。
どんなあだ名で呼ばれようと、恐れられようと、野球や選手の育成に対して強い情熱持っていたのです。
ところが甲子園という夢のため、赤鬼は何人もの弱い生徒を切り捨ていた、つまり退部へと追いやっていたのです。

ゴルゴが在籍していた時代は、甲子園に一番近いチームでした。
ゴルゴというあだ名は、『ゴルゴ13』の作者の「さいとう」という苗字から来ており、彼自身がゴルゴに似ているという訳ではないようです。

ゴルゴは、港南高校在学中、野球部に所属していました。
体格は小柄なものの、野球のセンスがあり、赤鬼も将来を有望視していました。
しかし、ゴルゴは赤鬼の期待通りには成長せず、練習への顔出しもまばらになり、練習していても気の入らないことが多くなっていくよう地道な基礎練習には耐えられませんでした。

数日後、ゴルゴの妻・雪乃がひとりで赤鬼を訪ねます。
雪乃はゴルゴが末期のガンであることを赤鬼に直接、またか細い声で伝えました。
ゴルゴの余命は半年。進行が早ければ3ヶ月ということまで告げました。
骨に転移したガンは、まだ26歳と言う若さのゴルゴの全身を蝕んでいることもその時赤鬼は知るのです。

雪乃はゴルゴに告知をすることと、赤鬼に見舞いに来てほしいことを伝えました。
その後、精神的に不安定になり死に怯えるゴルゴ。
その姿に赤鬼は、中退すると言いだした昔のゴルゴと重なるのでした。

そして、現在彼が着任している高校の野球部は弱く、生徒のやる気もなく、赤鬼自体も熱量を失っていました。
そんななか、かつての教え子に出会ったことで、赤鬼は再び「赤鬼先生」の顔を思い出し、生徒の望む自分であることを貫こうと思うのです。
その姿は、ただ怖いだけではない教師らしさが見て取れます。

ゴルゴは、自分が死んでも赤鬼は泣かないと言ったと雪乃はゴルゴに伝えます。
そして、赤鬼は、自分にとって最後の先生であることも言いました。
雪乃に頼まれた赤鬼は、ゴルゴの見舞いの約束をします。

再会から2ヶ月後。ゴルゴのガンの進行は早く、別人のように痩せこけていってしまいます。
赤鬼が冗談交じりに、高校時代もほめて欲しかったのかとゴルゴに聞くと、ゴルゴは、「惜しいくらい言って欲しかった」と告げます。

赤鬼は、努力が出来ずに、強くなれなかった生徒のことを考えなかったことや、中退したあとのゴルゴに何もできなかったことを悔やんでいたことを打ち明けると同時に申し訳ない気持ちでいっぱいとなりました。
肩を震わせる赤鬼に、ゴルゴは優しく「泣くな、赤鬼」と笑いかけます。

赤鬼はこの時、少し驚くとともに何かできないかと考えるにいたります。
数週間後、ゴルゴの容体は悪化します。
数日後には薬で眠らせると雪乃に知らされた赤鬼。

赤鬼は急いで病室を訪れます。
ゴルゴは意識も朦朧とし、話すことも困難になっていました。

枕元には、クリスマスに息子に渡すと言う野球のグローブが置かれていました。
ゴルゴは声なき声で、悔しい、と伝え、赤鬼もまた悔しさをにじませます。

そして、彼の手を取り、「ありがとう」と口にする赤鬼。
僅かに動いたゴルゴの指は、「泣くな赤鬼」と言い返すのでした。

『泣くな赤鬼』の感想

主人公は赤鬼であり、赤鬼のゴルゴに想っていたや、自分の教師人生を考える部分が大半です。
それに対し、ゴルゴの思いは、ゴルゴの妻である雪乃を通して間接的にではありますが非常に濃く表されます。

赤鬼は、元教師として、ゴルゴと接し諭して来ましたが、最終的には見限ってしまいました。
教師として生徒を想う気持ちはありましたが、彼のすべてに応えることはできなかったのです。

そしてゴルゴも、自分の弱さやかっこ悪さを受け入れることができず、赤鬼の言葉にきちんと耳を傾けることができませんでした。
赤鬼は、そんな彼を弱いと認識しており、またこんな自分を彼も恨んでいるだろうと思っていました。

しかし、実は彼が自分のことを本当に慕っており、「赤鬼先生」として好いていてくれたことを知ります。
そして赤鬼は心が弱かったゴルゴに対して、別の関わり方があったのではないかと考えるようになります。

不器用だった赤鬼と、厳しくても赤鬼が好きだったゴルゴ。
数年越しに、やっと腰を据えて話せるようになった2人の姿は、読者の心を揺さぶってきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>映画泣くな赤鬼の原作は?あらすじと公開日、キャストを紹介!

Sponsored Link


フォローする