映画泣くな赤鬼の原作は?あらすじと公開日、キャストを紹介!

赤鬼

映画『泣くな赤鬼』には原作の小説があります。
その小説と劇場公開日あらすじ、映画のキャストについて紹介しますね!

Sponsored Link

『泣くな赤鬼』の作品情報

【製作年】2019年
【製作国】日本
【監督】兼重淳

『泣くな赤鬼』の公開日は?

Sponsored Link
『泣くな赤鬼』は2018年8月上旬から撮影が始まり、公開予定は2019年となっています。
詳細な公開日はわかり次第更新しますね!

『泣くな赤鬼』の原作は?

映画の原作は短編集に収められた一編の『泣くな赤鬼』です。
収められている短編集は重松清の『せんせい』。

本書に収められているのは「白髪のニール」「ドロップスは神さまの涙」「マティスのビンタ」「にんじん」「泣くな赤鬼」「気をつけ、礼」の6編。

いずれの話も教師と生徒をめぐる物語となっています。

『泣くな赤鬼』は映画ですので、短編の一つがどのように肉付けされていくのか見どころですね!

作家の重松清はもしかして過去教師だったのかしら、と思いましたがそういうわけではなく出版社勤務を経て作家となっています。

『その日のまえに』『流星ワゴン』『ビタミンF』『十字架』など多くのヒットを飛ばし、文学賞も多く受賞しています。

『泣くな赤鬼』が収められた『せんせい』についてはこちら。
>>せんせい。 (新潮文庫) [ 重松清 ]

『泣くな赤鬼』のあらすじ

高校の野球部の監督を努めていた小渕隆は、かつて日に焼けて顔が赤く熱血漢だったことから「赤鬼先生」と呼ばれていました。

しかしあと一歩で甲子園出場というところで散ってから10年経ち、野球への情熱はなくなり定年間際となっていました。

そんな時にかつての教え子ゴルゴと再会します。

ゴルゴは野球の才能はあるにも関わらず高校を中退し、今は立派に成長していました。
しかし彼は末期がんとなり余命半年と宣告されていました。

小渕はゴルゴが野球をやっていた当時にはかけてあげられなかった言葉があり後悔していました。

ゴルゴがかつて挑戦するはずだった甲子園出場への決勝戦を再現しようと企画します。

『泣くな赤鬼』のキャスト

堤真一/小渕隆

堤真一

かつて赤鬼先生と呼ばれた小渕隆を演じるのは堤真一です。

連れきった現在から情熱を取り戻す様子をどんな風に見せてくれるのでしょうか。

テレビドラマへの出演も多いですが、映画での出演作は『DESTINY 鎌倉ものがたり』『本能寺ホテル』『俺はまだ本気出してないだけ』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなど多数。

柳楽優弥/斎藤智之(愛称ゴルゴ)

柳楽優弥

赤鬼先生のかつての教え子で高校球児だったゴルゴこと斎藤智之を演じるのは柳楽優弥です。
ゴルゴというニックネームが気になりますね~。

堪え性のない性格から高校を中退したという過去があり、現在は立派な大人になったというその深みを見せてくれそうです。

出演は今後2018年公開予定の作品だけで『銀魂2 掟は破るためにこそある』『響 HIBIKI』『散り椿』『夜明け』、2019年は『ザ・ファブル』と盛り沢山です。

川栄李奈/雪乃

川栄李奈

ゴルゴの妻雪乃を演じるのは川栄李奈です。
「元AKBの」と言われていましたが、最近では女優としての活躍が目立ってきましたね。

出演作は『デスノート Light up the NEW world』『亜人』『嘘を愛する女』『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』など。

まとめ

・『泣くな赤鬼』の原作は重松清の短編集『せんせい』に収められた一編『泣くな赤鬼』。
・公開は2019年
・キャストは堤真一、柳楽優弥、川栄李奈。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする