映画チワワちゃんの犯人とネタバレ!原作と映画との違いについて

チワワちゃん

映画『チワワちゃん』には原作があります。
その原作の紹介と、気になる犯人や映画との違いについて紹介しますね!

Sponsored Link

『チワワちゃん』の作品情報

【劇場公開日】2019年1月18日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】KADOKAWA
【監督】二宮健

あらすじ

東京で若さを謳歌する男女グループのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって東京湾で発見される。残された仲間たちが集まってチワワとの思い出を語るが、判明したのは誰もがチワワの本名も、境遇も、本性も知らないまま一緒にバカ騒ぎしたり、恋愛したり、セックスしたりしていたということだった。
引用元:映画.com

チワワちゃんを殺した犯人は?

Sponsored Link

ここからはネタバレになりますので、ご注意下さいね。

映画のキービジュアルにある通り
「チワワちゃんが殺された」ところから物語は始まります。

そこで、チワワちゃんと交流のあった人たちが集まり彼女を悼みます。

気になるのは、彼女を殺したのは誰なのか、ですよね?

現在公開前なので原作を読んだ上での情報になりますが、原作では結局、最後まで犯人はわかりません。

そもそも犯人探しをするストーリーではないのです。

死んだチワワちゃんをそれぞれ思い出しながら「こうだったよね」と語り合うのですが、人によって印象が違ったり死んでから意外な一面を知ることになったりするのです。

そういう意味では犯人探しを期待して映画を見ると「なぁんだ」となるかもしれません。
もちろん、映画と原作には違いがあるのでもしかしたら映画ではちゃんと犯人がわかるのかもしれませんが。

原作は岡崎京子

原作は岡崎京子の同名漫画『チワワちゃん』です。

1994年に発表された作品で34ページの短編ですが、30年以上たった今読んでも古さを感じさせません。
短編でも読み応えがあり、何度も読み返したくなるのはやはり岡崎京子だなぁ、と思います。

現在は電子書籍のみで購入することができます。
映画化にあたって、もしかしたら公開近くには紙の書籍も再販されるかもしれませんね。

『チワワちゃん』というタイトルの短編集の1つとして読むことができます。

原作についてはこちらから
『チワワちゃん』岡崎京子

原作と映画の違い

現在映画公開前のため、今わかる情報だけで原作と比べますね。

ストーリーも登場人物も原作と映画はほぼ同じです。
ただ、原作にはいない人物が2名映画に登場します。

それは、栗山千明演じるライターのユーコと、浅野忠信演じるチワワちゃんの新恋人サカタです。

ライターが出てくるということは、チワワちゃん殺害を追う記事を書くということが予想されますね。
取材を進めるうちにチワワちゃんの色々な面が見えてくる、という展開なのでは、と思っています。

>>映画チワワちゃんのキャストとキャラクターを紹介!ロケ地は静岡?

まとめ

・原作は岡崎京子の漫画『チワワちゃん』。
・チワワちゃん殺害の犯人は原作では不明。
・映画には原作にない人物が登場する。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする