海街diaryの読み方は?原作と映画、キャラクターの違いを紹介!

海街diary

映画『海街diary』がよかった!
あんな美人四姉妹って現実にいるのかしら。
でも今更ですがタイトルの読み方に迷いました^^;
映画と原作でのキャラクターの違いについても紹介します!

Sponsored Link

『海街diary』の作品情報

【劇場公開日】2015年6月13日
【製作年】2015年
【製作国】日本
【配給】東宝、ギャガ
【監督】是枝裕和
【キャスト】綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、坂口健太郎、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、大竹しのぶ、堤真一、他。

あらすじ

鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。
引用元:映画.com

『海街diary』の読み方は?

Sponsored Link

『海街diary』は「うみまちだいありー」と読みます。

私は「かいがいだいありー」かなと思ったのですが「うみまち」なんですね^^;

舞台が鎌倉なので、なるほど「うみまち」です。

映画の冒頭、長澤まさみ演じる佳乃が海岸沿いの道を歩くシーンが印象的です。

「港町」とかではなく、鎌倉は文化的な素養も多く歴史があり、そこに暮らす人々の生活もありますよね。

その鎌倉を「海街」と表現しているのはうまいなぁ、と思いました。

『海街diary』の原作は?

原作は吉田秋生の同名漫画『海街diary』です。

『月刊フラワーズ』に2006年8月号から連載されています。
2018年8月号で最終回となるそうです。

映画は当然漫画の途中までのストーリーとなるので、漫画でその後を追ってみるのも楽しそうですね(^^)

原作漫画についてはこちら↓
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

映画と原作のキャラクターの違い

主要キャラクターは映画と原作では違いがあるのか気になったので調べてみました。

長女 幸

綾瀬はるかが演じています。
原作ではショートヘアなので見た目のイメージは違いますね。

でも、しっかり者で凛とした様子、佳乃とは何かと衝突するところなどは同じです。

映画では四姉妹の中でも主人公的な立ち位置なように感じましたが、原作ではそうではないです。

次女 佳乃

映画では長澤まさみが演じています。
セクシーな見た目は合っているのかなぁと思います。

ただ、映画ではダメンズ好きになっていますが、原作ではどちらかというと「酒飲み、ガテン系が好き」なようです。
原作でも「ホストに100万貢いだ」というエピソードが描かれているのでそういうところは共通のようです。

原作では「外資系金融に勤めている」と嘘をついているエピソードがありますが、映画ではそういったことはありません。

>>「海街diary」銀行口座解約、別れの真相は?佳乃の彼氏藤井朋章とは

三女 千佳

映画では夏帆が演じています。
原作ではアフロヘアですが、映画では終始おだんごにしています。

勤めているスポーツ洋品店の店長浜田とつきあっており、「男の趣味がわからない」なんて言われています。

映画では、よく喧嘩している幸と佳乃に対しておっとりした和ませ役ですが、原作ではもっと破天荒なようです。
彼氏に合わせて自分もアフロにしちゃってますしね^^;

四女 すず

映画では広瀬すずが演じています。

役と女優の名前が同じなのは偶然ですが、ひらがなで書くところまで同じなのは面白いですね!

原作では主人公です。
漫画ではすずの恋愛なども描かれますが映画では友情のみに留まり、明るいサッカー少女なのは映画・原作共に共通です。

まとめ

・『海街diary』の読み方は「うみまちだいありー」。
・原作は吉田秋生の同名漫画。
・映画と原作ではヘアスタイルなど見た目の違いや多少設定の違いもあり。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>海街diaryに台本はない?是枝監督のこだわりはペディキュアにも現れる

>>「海街diary」銀行口座解約、別れの真相は?佳乃の彼氏藤井朋章とは

Sponsored Link


フォローする