ダンボ実写版のキャストと日本公開日は?ティムバートンの毒気は顕在?

ダンボ

ディズニーの『ダンボ』が実写化されすでに撮影中と聞いてワクワクしています!
監督がティム・バートンなので更に楽しみです!
キャスト日本での公開についても紹介しますね!

Sponsored Link

『ダンボ(原題)』の作品情報


【原題】Dumbo
【製作年】2019年
【製作国】アメリカ
【配給】ディズニー

ディズニーアニメの『ダンボ』ではサーカスの象ジャンボが赤ちゃんのダンボと引き離されてしまいます。
ダンボが空を飛べるようになり、サーカスの人気者になりジャンボに会いに行くまでが描かれています。
実写版ではその後が描かれるようです。

『ダンボ(原題)』の日本公開日は?


『ダンボ(原題)』の全米公開日は19年3月29日です。

日本公開日はまだ発表されていませんが、ヒットが予想される大作は全米公開の1ヶ月後くらいが多いです。
私の予想では、ゴールデンウィークの公開を狙い2019年4月の下旬26日(金)あたりではないかと思います。

はっきりした日付がわかりましたらまた更新しますね!

『ダンボ(原題)』のキャスト

Sponsored Link

コリン・ファレル/ホルト


ダンボの世話係、ホルトについてはウィル・スミスが演じるのでは?と言われていましたがコリン・ファレルに落ち着いたようです。

コリン・ファレルは近年は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などの大作やソフィア・コッポラの『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』などに出演していますね。

個人的には『フォーン・ブース』で見せた、映画なのにほぼ一人芝居だった演技力が印象に残っています。

本作の人間の登場人物の中では主人公のダンボに一番近い人物だと思うので、主役に近く楽しみです。

ダニー・デビート/メディチ


ダニー・デビートが演じるのはサーカス団のオーナー、メディチです。
ルックス的にもサーカス団のオーナーって似合いますね!

ダニー・デビートは代表作を挙げたらきりがありませんが『カッコーの巣の上で』『バットマン リターンズ』などの個性的なものからアーノルド・シュワルツェネッガーと共演の『ツインズ』『ジュニア』などのコメディなど幅広い作品に出演しています。

エバ・グリーン/コレット


エバ・グリーンが演じるのは、サーカスの空中ブランコ乗り、コレットです。
空中ブランコ乗りとして活躍する一方サーカスのオーナーの手下としても働くという役柄のようです。

エバ・グリーンは『007 カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを務め、ティム・バートン監督作品では『ダーク・シャドウ』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』にも出演しています。

マイケル・キートン


マイケル・キートンが演じるのはサーカスを買収する起業家役です。
本作の悪役というところでしょうか。

ティム・バートン作品には『バットマン』『バットマン リターンズ』に出演していますね。
『ビートル・ジュース』『ファウンダー』などの怪演も印象に残るマイケル・キートンですから本作での起業家役もどんな悪役になるか楽しみです。

監督はティム・バートン

『シザーハンズ』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』などダーク・ファンタジーならお手の物。

世間に上手く溶け込めないキャラクターに焦点を当てて描くことが多いので、本作のダンボはぴったりですね。

どこまでバートン調の毒気を出してくれるのか見どころですね。
『フランケンウィニー』を彷彿させ、楽しみです!

まとめ

・ダンボ実写版はティム・バートン監督作品。
・出演者はコリン・ファレルやダニー・デビートなど豪華。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする