映画ハッピーエンドのエヴ役ファンティーヌアルドゥアンとはどんな女優?

ハッピーエンド

映画『ハッピーエンド』で物語のカギとなりそうなエヴを演じたファンティーヌ・アルドゥアン
現在13歳ながらしっかりとした演技を見せ、存在感を放ちます。
今後要注目ですが、どんな女優さんなのでしょうか。

Sponsored Link

『ハッピーエンド』の作品情報

【原題】Happy End
【劇場公開日】劇場公開日 2018年3月3日
【製作年】2017年
【製作国】フランス・ドイツ・オーストリア合作
【配給】ロングライド
【監督】ミヒャエル・ハネケ
【キャスト】イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソビッツ、ファンティーヌ・アルドゥアン、フランツ・ロゴフスキ、他

あらすじ

建設会社を経営し、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家。家長のジョルジュは高齢のためすでに引退し、娘のアンヌが家業を継いでいた。アンヌの弟で医者のトマには、別れた前妻との子で13歳になる娘エヴがおり、両親の離婚のために離れて暮らしていたエヴは、ある事件をきっかけにトマと一緒に暮らすためカレーの屋敷に呼び寄せられる。それぞれが秘密を抱え、互いに無関心な家族の中で、85歳のジョルジュは13歳のエヴにある秘密を打ち明けるが……。
引用元:映画.com

『ハッピーエンド』のエヴはどんな役

ファンティーヌ・アルドゥアンは、『ハッピーエンド』の中で複雑な環境に身を置くエヴを演じています。
幼い頃に父に捨てられ、母親に引き取られて暮らしていましたが、あることから父の元で暮らすことになります。
エヴが父親の元で暮らすきっかけとなった事件とは何なのか。
祖父からはある秘密を打ち明けられるなど、謎めいた存在で引きつけられます。

ファンティーヌ・アルドゥアンのプロフィール


生まれた年:2005年
生まれた場所:ベルギー、ムスクロン

幼い頃から演技を学ぶと共にサーカス学校に通ったそうです。
「サーカス学校」って!?
初めて聞きました^^;

今はまだ情報が少ないのですが、これからどんどん成長しそうな女優さんなので追っていこうと思います(^^)

Sponsored Link

ファンティーヌ・アルドゥアンの出演作

Taram Tarambola


スペインの監督María Castillejo Carmenのショートフィルム『Taram Tarambola』がデビュー作です。
小さな郊外の町で、現れない父親を待つ姉妹の妹役を演じています。
寝姿のファンティーヌが可愛い!

アラジン 新たなる冒険

フランスでは2015年に大ヒットした映画ですが、日本ではDVDスルーでした。
『アラジンと魔法のランプ』を元に作られたSF冒険物語でありコメディ。
なかなか面白そうです!

少⼥ファニーと運命の旅


1943年のフランスはナチスドイツの支配下にありました。
支援者たちに密かに運営される児童施設では、子供たちがひっそりと暮らしていましたがナチスに追われてしまいます。

ナチスから逃れるために13歳のファニーは8人の子供たちを連れて国境を目指します。
ファンティーヌはファニーと共に旅をする子供の1人を演じています。

これが実話だというのだから悲しいし、子供たちが必死な姿に胸を撃たれます。

写真でファニーの右に写っているのがファンティーヌ・アルドゥアンですね。

まとめ

・『ハッピーエンド』でエヴを演じたのはファンティーヌ・アルドゥアン。
・まだ13歳ながらしっかりとした演技を見せこれからが楽しみな女優。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする