映画空海の白楽天役ホアンシュアンとはどんな俳優?彼女・恋人は?

ホアン・シュアン

映画『空海』では空海の相棒、白楽天を演じたのはホアン・シュアンですが、どんな俳優なのでしょうか。

プロフィール出演作をまとめてみました。
恋人はいるのか、なども気になりますね!

Sponsored Link

『空海』の作品情報

【原題】妖猫伝 Legend of the Demon Cat
【劇場公開日】2018年2月24日
【製作年】2017年
【製作国】中国・日本合作
【配給】東宝、KADOKAWA
【監督】チェン・カイコー
【キャスト】染谷将太、ホアン・シュアン、阿部寛、松坂慶子、火野正平、シン・バイチンキティ・チャン、チン・ハオ、リウ・ペイチー、チャン・ロンロン

あらすじ

1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。
あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。

空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。
仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。
極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。
楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか…?
空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは…?

海を渡った若き天才僧侶・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。
二人はやがて、歴史に隠された哀しき運命と対峙することとなるー。
引用元:『空海』公式サイト

ホアン・シュアンのプロフィール

穆梦?さん(@jokermumengfei)がシェアした投稿


名前:黄軒(ホアン・シュアン)
生年月日:1985年3月3日
出身地:中国・蘭州市
身長:177㎝
体重:60㎏
血液型:B型
学歴:北京舞踏学院

昔はヤンチャ

蘭州市で生まれ10歳まで暮らしますが、10歳の時に両親が離婚。
母と広州に移り住み、母親は働いていたため、祖母と過ごすことが多かったようです。

スラリとしたルックスからは想像できませんが、以前は不良仲間とつるんでケンカをすることも多かったとのこと。
勉強が嫌いで、成績はいつも後ろから2番目だったそうです。

ダンスの道に

そんなホアン・シュアンですが、マイケル・ジャクソンに憧れてダンスを始めます。
舞踏系の高校に入学し、そこでは古典舞踏をまず学んだそう。

中国では時代物の作品が多いので、きっと高校で学んだことが役に立ったのではないでしょうか。

俳優を志す

ホアン・シュアンは高校3年生の時、怪我で半年寝たきりになってしまいました。
そこで毎日映画を見ていたので、次第に「俳優になりたい」と思うようになったそうです。

母親には「向いていない」と反対されましたが、テレビのアナウンサーをしていた叔母は「声もルックスもいい」ということで応援してくれたそう。

演技の名門校には合格できなかったものの、舞踏の名門、北京舞踏学院のミュージカル科に合格しました。

苦難の時代

ここからはトントン拍子に…とはいかず、それどころかかなりの苦難続きだったようです。
どうにもこうにも芽が出ない、というわけではなく、チャンスには恵まれるのにそれを潰される、ということが多かったのです。

まず、舞踏学院に入学した年に大きなチャンスに恵まれます。
チャン・イーモウ監督の『王妃の紋章』への出演の話があり、オーディションに受かって監督直々に「君に決めた」と言われたのに話が流れてしまいます。
なんでも、脚本が書き換えられてホアン・シュアンが演じるはずだった役が19歳から14歳になってしまったそう。

それだけならまだしも、映画の公開イベントでは舞踏ダンサーが必要だったため、道化役として駆り出されたというから更に悔しかったでしょうね。

苦難は続きます。
ジェット・リー主演の『海洋天堂』に出演が決まり、役作りのため自閉症役なので特殊学校に通ったり厳しい水泳の特訓をしていたにも拘らず、突然「別の俳優を探した」と電話で告げられたそう。
その理由が「父親役のジェット・リーに似ていないから」。

そんなの初めからわかっていたことなのにバカにしてません?
『王妃の紋章』の時以上に悔しかったでしょうね。

他にも、キャスティングはされるものの無名だったために、スポンサーが押す俳優が優位になって弾かれてしまったり、撮影はしたのにカットされて後ろ姿が写っただけ、ということもありました。

こんなことが続けば誰だってイヤになりますよね。
『愛してる、成都』でベネチア映画祭に出席したホアン・シュアンは、映画祭が終わってから中国に帰る気になれずにそのままヨーロッパを放浪していました。

海外で携帯電話を持っていなかったため、焦ったのはマネージャーです。
通訳を通してなんとか滞在するホテルに連絡があったそうで、次の出演作を告げました。

「またひどい目に合うのでは」と疑心暗鬼になっているホアン・シュアンでしたが、逃げてると思われるのもイヤなのでなんとか帰国。
でも、今度はきちんと撮影が始まり、無事に作品が完成しました。

よかったですね!
不運が続きましたがついに実を結びました!

Sponsored Link

ホアン・シュアンの出演映画

黄金時代

ブラインド・マッサージ

グレートウォール

恋する都市 5つの物語

岩井俊二も監修を手掛けた、五人の監督がオムニバス形式でラブストーリーを展開します。
ホアン・シュアンは、第3話 フランス・パリ編で、『空海』で共演したチャン・ロンロンと再度共演します。
2018年1月27日公開です。

ミッション:アンダーカバー


2018年3月11日公開のアクション映画。
まだ情報が少ないのですが、これまでとは違うホアン・シュアンが見られそうですね!

ホアン・シュアンの恋人・彼女は?

今後が期待されるホアン・シュアンですが、恋人はいるのでしょうか。
現在はわからないのですが、過去に交際が囁かれた人はいます。

SPOTV STARさん(@spotvstar)がシェアした投稿

噂のお相手は韓国の女優ソン・ハユンです。
かつてはモデルとしてキムビョルという名前で活動していました。
2012年に名前をソン・ハユンとしたようです。

ホアン・シュアンとは2015年に韓中合作のドラマ『ドリームナイト』、2016年の中国のドラマ『火爆天王』で共演しています。

共演がきっかけかどうかなど、2人の馴れ初めなどはわかりません。
というか、本当に交際していたのか、していたなら現在も続いているかなど情報が少ないです^^;

まとめ

・ホアン・シュアンは、苦難が続いたけれど、今後も公開作が控える俳優
・『空海』では白楽天を演じ、2018年2月24日公開
・恋人は韓国の女優ソン・ハユン?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする