映画マンハントのロケ地は岡山にもある?ロケ地情報とマップを紹介!

マンハント

映画『マンハント』ジョン・ウー監督作品ですが、岡山でも多く撮影されています。
ロケ地情報マップ付きでまとめてみました。

Sponsored Link

『マンハント』の作品情報

【原題】追捕 Manhunt
【劇場公開日】2018年2月9日
【製作年】2018年
【製作国】中国
【配給】ギャガ
【監督】ジョン・ウー
【キャスト】チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン、國村隼、竹中直人、倉田保昭、斎藤工、桜庭ななみ、他。

あらすじ

酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。
引用元:『マンハント』公式サイト

岡山で行われた撮影

近年、岡山は映画のロケ地に多く使われ、観光にも役立つことから行政でもロケ地に使われることを歓迎しているようです。

最近では『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『先生!、、、好きになってもいいですか?』も岡山で撮影しています。

瀬戸内海の風光明媚な立地ももちろんですが、町並みが「特徴的すぎない」ことが映画にとって好都合なようです。

蒜山高原

マンハント

映画の予告でも流れるこのシーンが撮影されたのは真庭市にある蒜山(ひるぜん)高原です。
国立公園である蒜山高原は牧場があり、日本最大のジャージー牛の産地でもあります。

マンハント

広大な牧草地に一軒家や馬小屋を建て、大掛かりなセットで撮影されたようです。

乗馬やサイクリング、バーベキューが楽しめる他遊園地も併設するリゾート地です。

「聖地巡礼」しながら1日楽しめそうですね!

Sponsored Link

旧片上鉄道 吉ヶ原駅


美咲町の旧片上鉄道吉ヶ原駅と操車場のあった場所には柵原ふれあい鉱山公園が作られ、昭和30年頃の鉱山の様子や鉱山町の生活を再現した資料館・駅舎・輸送用貨車・客車が公開されています。
柵原鉱山資料館には鉱山が栄えていた頃の商店や住宅がセットで再現され、採鉱現場を実際に体験できます。

岡山県工業技術センター

地域産業の技術支援機関で県内企業の活動を支援しています。
申し込みが必要ですが見学もできるので、もしかしたら撮影で使われた場所が見られるかもしれませんね。

まとめ

映画『マンハント』が撮影された岡山の場所は以下の通り。
・蒜山高原
・旧片上鉄道 吉ヶ原駅
・岡山県工業技術センター

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする