ブレードランナー2049のラブ役シルヴィアフークスとは?恋人はミュージシャン?

Sylvia Hoeks

『ブレードランナー2049』で前髪パッツンの美女ラブを演じたシルヴィア・フークスとはどんな女優なのでしょうか。
プロフィールや過去の出演作、気になる恋人についてまとめました。

Sponsored Link

『ブレードランナー2049』のラブとは


レプリカントの製造を続ける「ウォレス」に従うラブという女性を演じています。
メインのヒロインではないものの重要な役のようです。
主人公Kにウォレス社を案内し、その後彼を追いかける役です。

シルヴィア・フークスのプロフィール

名前: Sylvia Hoeks
誕生日: 1983年6月1日
出身: オランダ

14歳の時にスカウトされてモデルを始めたそうなので、芸能のキャリアは長いですね!
高校卒業後はマーストリヒト・シアター・アカデミーで演技を学びました。

語学に長けていて、オランダ語、ドイツ語、フランス語、英語の4ヶ国語を話すことができるそうです。
すごいですね!

Sponsored Link

結婚は?恋人はいる?

インスタグラムを見ると、恋人らしき男性と写っている写真がアップされています。
彼は誰なのでしょうか。

現在は削除されています。

恋人はボアズ・クルーン?

シルヴィア・フークスと親しくしている男性はボアズ・クルーン(Boaz Kroon)といい、オランダのミュージシャンです。
「キングジャック」というバンドで歌とベースを担当しています。

ボアズ・クルーンのインスタグラムを見ると、2人の出会いは2013年のようです。
シルヴィア・フークスの7歳年下のようですが、彼女にベタ惚れの様子。
素敵なカップルですね!

シルヴィア・フークスの出演作

Duska

タイトルの「ドゥスカ」は映画批評家ボブの元を訪れた珍客。
シルヴィア・フークスはボブを誘惑するポップコーン売場の娘を演じています。

この作品でシルヴィア・フークスはThe Golden Calf(金の子牛賞。オランダのアカデミー賞のようなもの)を受賞し、注目を集めます。
日本では未公開でDVD等の発売もないのが残念です。

The Storm

1953年にオランダで起きた歴史的な大洪水の物語です。
シルヴィア・フークスはシングルマザーで、子供と離れ離れになってしまったジュリアを演じています。
初主演にして大ヒットとなり、シルヴィア・フークスはインディペンデント映画祭Stony Brook Film Festival、ポルトガルのFestroia International Film Festivalで、主演女優賞を受賞しました。

Tirza

ルドルフ・ヴァン・デン・バーグ監督作品。
主人公は苦しい生活を送るシングルファーザー。
娘のティルザがナミビアを旅行中にボーイフレンドと共に消えてしまい、主人公はナミビアで娘を探します。
シルヴィア・フークスはティルザ役ですが、出番は少ないようです。
映画はポルトガルのFestroia International Film Festivaで作品賞を受賞しています。

鑑定士と顔のない依頼人

『ニューシネマパラダイス』『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督作品
敏腕美術鑑定士のヴァージルは、ある時「遺品を鑑定して欲しい」という依頼を受けて屋敷を訪ねるが依頼人のクレアは何故か姿を現しません。
シルヴィア・フークスは謎めいた依頼人クレアを演じ、この作品で世界的に有名になりました。
本作でシルヴィア・フークスを知った人も多いと思います。
レンタルでも見られる作品です。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

2018年1月12日に劇場公開される『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』にも出演しています。
まだ情報が少なくどんな役柄なのかはわかりません。

今後の出演も楽しみですね!

まとめ

・『ブレードランナー2049』でラブを演じたのはオランダ出身のシルヴィア・フークス。
・恋人はミュージシャンのボアズ・クルーン。
・オランダで活動していたが、現在はハリウッドにも進出する国際的な女優。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

>>ブレードランナー2049のフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

Sponsored Link


フォローする