星の王子ニューヨークへ行くのキャストまとめ!続編が製作決定!

星の王子ニューヨークへ行く

1988年公開のコメディ映画『星の王子 ニューヨークへ行く』ですが、29年経って続編製作が決定しました!
なぜ今!?と思いますが、大好きな映画なので個人的にはパワーアップして戻ってきて欲しい!
おさらいで1作目『星の王子 ニューヨークへ行く』のキャストを紹介します。

Sponsored Link

『星の王子 ニューヨークへ行く』の作品情報

たきこさん(@8manami2)がシェアした投稿

【原題】Coming to America
【劇場公開日】 1988年12月17日
【製作国】アメリカ
【配給】パラマウント映画/UIP
【監督】ジョン・ランディス

何不自由ない生活をしていたアフリカのザムンダ王国の王子アキームですが、トイレやお風呂でさえ1人で入れないことに不満を感じていました。
結婚相手も親が決めてしまうことに納得がいかず、「女王」を探すなら、とニューヨークの「クィーンズ」に向かいます。
留学生として生活し、働き始めたハンバーガー・ショップの娘リサは理想の女性でしたが…。

純粋で誠実だけど世間を知らないアキームがニューヨークで花嫁探しをするストーリーで、大ヒットしました。
私も大好きな映画で、ビデオテープを巻き戻して何度も見ました(^^)

『星の王子 ニューヨークへ行く』のキャスト

エディ・マーフィー


アキーム王子、クラレンス、ランディ・ワトソン、ソールの4役を演じています。
この4変化は本当に見事で、エンディングで明かされるまで私は気づきませんでした^^;
後から「この役もエディ・マーフィーだったの!?」と驚かされます。

アーセニオ・ホール

アセニオ

エディ・マーフィーと同じく4役演じています。
王子の世話役でお調子者のセミの他、とてつもなく不細工な女、モーリス、ブラウン牧師。
「とてつもなく不細工な女」って!?
写真見る限り、女装だと思えばそう不細工とも思えません(^q^)
エディ同様、全くわかりませんでした。

アーセニオ・ホールは日本ではあまり知られていないかもしれませんが、アメリカではトークショーの人気司会者です。
名前が冠についた『アーセニオ・ホール・ショー』は80年代に大ヒットしました。

映画の出演作は『L.A.大捜査線 マーシャル・ロー』『ハーレム・ナイト』などがあります。

シャーリー・ヘドリー

アキーム王子がクィーンズで出会った運命の女性、リサ・マクドゥーウェルを演じています。
写真はインスタグラムから。左は本作のもの。右は50歳ですが、この美しさ!

ジェームズ・アール・ジョーンズ

@cbstvがシェアした投稿


アキーム王子の父、ジョフィ・ジャファ王を演じています。
俳優として幅広く活動する一方、美声を活かした声優の仕事も数多く『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの声で知られています。

エリク・ラ・サル


ヒロイン、リサの恋人役でグリース塗りすぎ男のダリル・ジェンクスを演じています。
日本では他に『ER緊急救命室』のピーター・ベントンを演じたことで知られていると思います。
俳優の他プロデューサー業も務めるなど多才です。

ジョン・エイモス


リサの父親でハンバーガー・チェーン「マクドゥーウェル」を経営するクレオ・マクドゥーウェルを演じています。
マクドナルドそっくりのロゴを使った店はどう見てもマクドナルドを模しているとしか思えませんが、劇中「マクドナルドが真似をした」というシーンがあり笑わせます(^q^)
床屋のシーンで、アキームを見た人が「クンタ・キンテが来たぞ!」というシーンがありますがクンタ・キンテとはアメリカの奴隷制を描いた小説・ドラマ『ルーツ』の主人公です。
ドラマではエディ・マーフィーではなくジョン・エイモスが演じています。
色々ひねった笑いが散りばめられていますね。

サミュエル・L・ジャクソン


ハンバーガーショップ強盗を演じています。
この映画大好きで何度も見ているのに、サミュエル・L・ジャクソンが出ていることに気づいてませんでした^^;
当時はまだ無名だったようです。でも39歳。
ブレイクしたのはなんと42歳
遅咲きの名優だったなんて知らなかった!
なんだか勇気づけられます(^^)

キューバ・グッディング・Jr


本作では「髪を切ってもらう少年」として出演しています。
これがデビュー作ですが、まさかこの2年後に主演したのが『ボーイズ’ン・ザ・フッド』だとは!
『ボーイズ’ン・ザ・フッド』を見た時「あの少年」だとは全然気づきませんでした^^;

Sponsored Link

意外な2人が出演

デューク兄弟

アキーム王子を演じたエディ・マーフィーは『大逆転』という映画でホームレスを演じています。
ある兄弟が、そのホームレスとエリートビジネスマンの立場を入れ替えたらどうなるか、という賭けをしますが、最後には復讐され破滅します。
本作ではその兄弟を演じた2人がホームレスとして出演
『大逆転』で破滅したからこうなったよ、という洒落が効いていて面白いです(^q^)
ちなみに、演じているのはラルフ・ベラミードン・アメチーです。

『星の王子 ニューヨークへ行く』の続編は?

監督はジョナサン・レヴィン脚本はケニヤ・バリスが務めることが決定したとのこと。
主演はエディ・マーフィーだろう、とのことですが詳細はわかりません。
リメイクやリブートならともかく、「続編」ならエディ・マーフィーに演じて欲しい!
楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする