映画「あと1センチの恋」のあらすじ、感想(ネタバレ)、結末

あと1センチの恋

2014年、イギリス・ドイツ合作映画。

監督:クリスチャン・ディター

脚本:ジュリエット・トウィディ、セシリア・アハーン

原作:セシリア・アハーン作「愛は虹の向こうに」

Sponsored Link

あらすじ

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳からの幼なじみで、ずっと一緒に青春を過ごしてきた友達以上、恋人未満の間柄。くだらない話も夢の話も恋の話も、なんでも2人は共有してきた。そして二人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。ところが、ある日ロージーがクラスで人気の男の子と一夜を共にし、妊娠してしまう。2人は再会を誓い、ロージーは地元に残り、アレックスをボストンの大学へと送り出す。お互いを想いながら言葉にできないままに・・・。初めて別々の人生を歩むことになる2人。記憶の掛け違い、誤解、恋のライバル、読まれることのなかったラブレター、運命のいたずらに翻弄され、12年間も2人は近づいては離れていくが・・・。

引用元:「あと1センチの恋」公式サイト

感想(ネタバレ注意)

映画はほとんど、アマゾンのプライム・ビデオで視聴しているのですが、この映画は先日レビューした「ワン・デイ 23年のラブ・ストーリー」の関連映画として画面に出てきたので見てみました。

「すれ違いの恋」という点では確かに「ワン・デイ」と共通しているのだけど、印象は全然違いました。

映画全体の感じが明るく爽やかでポップに描かれます。

何と言っても主演のリリー・コリンズが可愛い!どうしても、しっかりした眉毛に目がいってしまうけど^^;

お父さんはフィル・コリンズなんですね!知らなかった~(゜o゜;

見終わって「若い時に見たらハマっただろうなぁ」というところに落ち着いてしまったので、冷静な感想になります。

以下ネタバレがありますので、ご注意くださいね。

幼馴染との恋

主人公のロージーとアレックスが6歳の頃の可愛いシーンが冒頭にあります。

なんせ6歳だからなんでも話しちゃう。特に可愛いのはアレックスがおかしな夢を語るところ。

大人になってもそれは続き、夢の中のアレックスは自分がモノになっているのです。

これは伏線になっていて、成長してからもアレックスは同じような夢の話をしますが、普通の人は「何それ」な反応です。

でも、ロージーだけはちゃんと聞いてくれるんですよね。夢の話で「自分をわかってくれる人」なのかわかるんです。

高校生になった二人は、お互い好意を持ちながらもそれまでの関係を壊したくないのか、別々の相手とデートします。

ロージーはデートの相手と初めての経験で避妊具が抜けてしまい、体内にそれが残されてしまって病院に駆け込むというマヌケなことになってしまいます。

しかも、その時に子供ができてしまい、アレックスと一緒にボストンの大学に行くはずが、地元に残って子育てを始めます。

ホテル経営を学び、将来は自分のホテルを持つのが夢で、大学の合格通知ももらっていたのに。

別々の人生

アレックスは予定通りボストンに旅立ちますが、ロージーは子供のことは打ち明けられず、内緒のまま育て始めます。

正直、このあたりは意味不明。だって、子供隠せるわけないでしょ~。芸能人の隠し子報道ってたまにあるけれど、あれって他の人が育ててるから「隠し子」なわけで、自分で育てたらただの「親子」です。

とにかく、二人は別々の人生を歩み始めます。

ロージーは妊娠した時は里子に出すつもりだった赤ちゃんだけど、結局自分で育て始め、子供を産んでよかったと思うようになります。

好きではないけれど、適当に男性と付き合いを持ち、やがて友人の家で経営するホテルで働き始めます。

そこで、以前アレックスと付き合い今は芸能人になったベサニー(スキ・ウォーターハウス)が客としてやってきます。

スター然としたベサニーに対し、ロージーはホテルの客室係。ロージーはいたたまれなくなります。

一方、アレックスは大学を卒業して、以前から交際していたサリーという女性と暮らしていました。

サリーはブロンドの美人だけどセレブ志向が強く、アレックスとうまく行かなくなってしました。自分がモノになってしまう夢の話をしてもロージーのように受け入れてくれません。

アレックスはロージーに遊びに来ないか、とメールで誘います。自分のことをわかってくれる人に会いたくなったんですね。

あと1センチの恋

アレックスとロージーはボストンではしゃいで過ごし、いい雰囲気になるものの、アレックスの家にいくと当然ですが、そこにはサリーがいます。

しかも、サリーは妊娠していました。一日一緒にいたのに、そんな肝心なことを言わずに自分とキスしそうになっていたサムにロージーは腹を立て、二人は喧嘩別れします。

ロージーが怒るのは当然!落ち込んでいるからロージーに会いたくなったのはわかるけど、ロージーとしては都合よく利用されたように思いますよね。

あと1センチの恋

帰宅したロージーは虚しくなったのか、気まぐれに子供のケイティが書いた絵を、ケイティの父親であるグレッグに送ります。

それを見たグレッグはロージーの前に現れ、以前は逃げてしまったけれどやり直したい、と言います。彼とつきあい始め、ケイティもグレッグと過ごして幸せそうです。

ロージーはグレッグとの結婚を決意します。

一方のアレックスは、サリーのお腹の子供は浮気相手との間にできた子だとわかり、別れました。

再会

時が経ち、ロージーの父親が旅先で亡くなりました。

悲しむロージーの前にアレックスが現れます。アレックスは子供の頃からロージーの父親を知っているので、一緒に悲しみを分かち合います。

グレッグは葬式なのに酔っぱらい、軽薄な態度を取り、アレックスは怒ります。

ある時、ロージーに来ていた手紙をグレッグが受け取り、その中にアレックスが書いたものがあったので、グレッグは訝しがって隠してしまい、他の手紙だけロージーに渡します。

他の手紙とは、父親が生前ロージーに宛てたものでした。それは旅行中に書いたもので、旅先の楽しい思い出と共に、ロージーに自分の夢を叶えて欲しい、と書いてありました。

ホテルマンだった父親は、かねてからロージーの夢を応援していました。母親がボストンの大学行きを反対してくれた時も、父親は応援してくれました。

ロージーは、父の遺産を使い夢であったホテルを建てることを決めます。

一方、グレッグの浮気が発覚します。ロージーは女性と密会していたところに乗り込み、グレッグに平手を打つとその勢いで家のグレッグの荷物をぶちまけます。そして、アレックスが書いた手紙を見つけました。

そこには、今なら君を幸せにできる、グレッグは君にふさわしくない、と書かれていました。アレックスの思いを知って彼に連絡を取ると、テレビ電話に姿を現したのはベサニーでした。

ベサニーは学生時代にアレックスとつきあっていたのですが、ヨリを戻し、結婚することになっていました。

グレッグが手紙を隠したりしなければこんなことにならなかったのに…。

Sponsored Link

アレックスの結婚式

ともかく、ロージーは二人の結婚式に出席します。親友のルビーの協力もあり、結婚式より早く着いてアレックスを取り戻そうとしていました。えっ(゚∀゚)!

ここでも不運は続き、飛行機が遅れ、ロージーが到着したのはチャペルからアレックスとベサニーが出てきたところでした。

披露宴が始まり、ロージーはスピーチをします。

そのスピーチが、ほとんどもうアレックスに対する告白なんです(-_-;)

睨みつけるベサニー。そりゃそうです。私ならロージーに殴りかかってるかもしれません。

ベサニーはどこかロージーを見下しているようなところがあったけれど、この時は同情しました。

この映画、映画館では女性が泣きながら見ている人が多かった、と他のレビューで読みましたが…このスピーチはひどくない??私の感覚がおかしいの?

披露宴が続く中、泣いて飛び出したケイティが屋上に行くのを見てロージーとアレックスが追いかけます。

ケイティは幼馴染のボーイフレンドが自分にキスしたのがイヤで泣いてしまったようです。でも、ケイティとボーイフレンドはとても想い合っていて、まるで以前のロージーとアレックスのようなんです。

アレックスの助言でケイティとボーイフレンドは仲直りします。そこでロージーは、18歳の時酔っ払ってアレックスとキスけれど、全く記憶になかった時のことをアレックスから聞きます。

アレックスは、ロージーが記憶がないフリをしてキスがなかったことにしていたのだと思い込み、この12年間すれ違いが続いていたのでした。

長いすれ違いが終わりましたが、今日はアレックスの結婚式。気持ちがわかっても、もうどうしようもないのです。

翌日の空港でロージーとアレックスは別れのハグをしますが、これがもう恋人の抱擁なんです(-_-;)ベサニーの前なのに!

またもや睨みつけるベサニー。スピーチのデジャブのようです。

夢のホテル

戻ったロージーはみんなの協力を得て、風光明媚な土地にホテルを開業します。

オープンのパーティをしていると、一人目の客がやってきました。「以前どこかでお会いしましたね」という客を見て、驚くロージー。

彼は、ロージーの緊急事態、避妊具が体に取り残されて慌ててアレックスに電話で相談しているところに居合わせた人でした。

「人違いです」と返すロージーですが、まさか一人目の客にそんな奇遇があるとは。ここはなんともユーモラスで和んでしまうシーンでした。

続けて二人目の客がやってきました。幸先いいなあ、なんて思っていると、その客はなんとアレックスです。

驚くロージーに「ベサニーとは別れた。お互い納得の上だ」と言います。そりゃそうだよね。ベサニー可哀想に。ものわかりがいいね!

ロージーはアレックスが泊まる部屋に案内します。またおかしな夢を見た、とアレックスは言います。またモノになった夢かと思えば「夢でも僕は僕なんだ」と言います。

やっと自分の気持ちに素直になれる、ということですね。

二人は長いすれ違いに終止符を打ち、ようやく記憶に残るキスをしました。

色々あったけれど、見終わった後の印象は爽やかでスッキリしています。

個人的には、ベサニーが実はいいやつで二人のために身を引いた的にはなを持たせてあげればもっとよかったんじゃないか、なんて思ってしまいます。

でも、それは私がおばちゃんで冷静に見てしまったからそんなふうに思ったのかもしれません。

もっと素直に二人を応援できる人、若い人、恋愛中の人、恋愛したい人にはいい映画なんじゃないかな、と思います(^^)

>>あと1センチの恋のフル動画を無料で視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

Sponsored Link


フォローする