荒野の誓いのラスト結末! ネタバレで感想と考察も

犬

騎兵隊の大尉は、地球上一番憎い相手を居留地に移送する任務を与えられた。
途中、コマンチ族に家族を皆殺しにされた婦人と共に、3人はそれぞれの目的を果たすため命がけの旅に出る。
旅の果て・・・『荒野の誓い』のラストには、何が待ち受けているのか?!
ラスト・結末をネタバレありで解説!感想と考察も書いています。

Sponsored Link
 

『荒野の誓い』のラスト・結末


19世紀末・インディアン戦争の英雄で、現在は刑務所で看守を務めるジョー・ブロッカー大尉は、かつて宿敵関係にあり寿命わずかなシャイアン族の族長イエローホークとその家族を4人の部下を引き連れ、部族の居留地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。

道中、コマンチ族に家族を惨殺されたロザリーという女性を加えた一行に、互いの協力なしでは生き延びることができない危機的状況が次々と振りかかってくる。

果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、目的地まで辿り着くことができるのだろうか!

荒野の誓い [DVD]

3人の、それぞれの思惑

アメリカ軍人のジョー・ブロッカー大尉

インディアンとの激戦を戦い抜いた英雄で引退を考えています

そんな時、上官から捕らえたイエローホークの護送任務を与えられ、一旦断るが大統領命令という指示なので渋々引き受けます。

実は護送するインディアンの首長は、ジョーの友人やかつての仲間を殺した憎い相手だったのです。

ジョーの腹の底では、チャンスがあればイエローホークを殺したいのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Christian Bale 🌍(@christianbaleworld)がシェアした投稿

ジョーを演じるのは、バットマン3部作や、2019年の『バイス』でのディック・チェイニー米副大統領役で話題を呼んだカメレオン俳優、クリスチャン・ベール

インディアンの首長イエローホーク

長年騎兵隊と戦い白人も殺したが捕らえられ、自分の寿命が短いことも自覚しています。

せめて死に際は自分の故郷地で死にたい事が認められた為、無用な戦いはもうしたくないという心境です。

むしろジョーに協力し、家族が無事居留地に送り届ければと願っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HDNETMOVIES(@hdnetmovies)がシェアした投稿


首長役のウェス・ステューディは、純血のチェロキー族の血統を受け継ぐ俳優で、インディアン役やアクション映画で活躍しています。

ロザリー

人里離れた家で夫や3人の子どもと暮らしていたがコマンチインディアンたちの襲撃を受け、夫も子供たちも殺され家も焼かれてしまいます。

全てを失ったロザリーは心に深い傷を負い、それがトラウマとなって苦しんでいます。

 

孤独なロザリーはジョーの部隊と行動を共にしますが、家族を惨殺したインディアンに対して憎悪を抱いています。

同行する首長たちにも同じ感情を向けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rosamund Pike(@mspike)がシェアした投稿


ロザリーを演じるのは、2019年の『プライベート・ウォー』や『エンテベ空港の7日間』など、続々と出演作が日本公開されたロザムンド・パイク

その他のキャスト

2018年の『君の名前で僕を呼んで』で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた若手俳優ティモシー・シャラメや、2015年の『疑惑のチャンピオン』のベン・フォスターらが脇を固めています。

長い旅路の結末は

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hostiles Movie(@hostilesmovie)がシェアした投稿


モンタナに無事着いたイエローホークは、ロザリーに感謝の言葉を述べます。

ロザリーも笑顔で、家族が無事居留地に着いた事を喜びます。

 

しかし、イエローホークの容体は急に悪化し、死の間際にジョーと会い二人は握手をして別れるのでした・・・。

 

お互い敵同士だった二人は、憎しみという垣根を越え和解したのです。

 

ジョーはイエローホークをシャイアン族式の埋葬をしたが、その時数人の白人集団が現れ「ここは俺たちの土地だ!出ていけ!」と言われます。

 

ジョーとロザリーは集団を倒しイエローホークの墓を守るのでした・・・。

二人は ”荒野の誓い“を果たしたのです。

Sponsored Link

ジョーとロザリーの別れ

ラストで、ロザリーは汽車でシカゴへ行く事になるが、ジョーとの別れを惜しむロザリーの汽車は出発します。

 

出発した汽車をじっと見つめるジョー。
そしてジョーは、決心したようにその汽車を追いかけて乗り込みます。

 

きっと・・・ジョーはロザリーに会うようですネ!

西部劇の魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hostiles Movie(@hostilesmovie)がシェアした投稿


どこまでも続く荒野、舞い上がる砂塵、そして迫真のガンファイト!

町の荒くれ者と凄腕ガンマンの死闘などなど・・・西部劇の魅力は、今見ても尽きる事はありません。

そんなアメリカ西部劇も60年代頃からはマカロニウエスタンやニューシネマの台頭により、作品数は少なくなっていきました。

 

その後は、近未来SF作品やホラー・ギャング・活劇アクションがハリウッド映画の主流となり近年では西部劇はたまに見られるほどの、珍しい存在となりました。

2019年には、テレビ史に残る名作西部劇『デッドウッド・決戦のワイルドタウン』がケーブルTVのHBOにより映画化され大好評を得ました。

 

西部劇の劇場最新作『荒野の誓い』は、19世紀末のアメリカを舞台に、かつて死闘を繰り広げた先住民の首長たちを護送する騎兵大尉を描いたウエスタンノワールです。

『荒野の誓い』の感想・考察

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hostiles Movie(@hostilesmovie)がシェアした投稿

久々の西部劇で、バンバン撃ち合う銃撃戦を予想したが本作は敵同士の憎悪から和解へ、喪失から再生を描いた、極めて味わい深いヒューマンドラマに仕上がっています。

 

危険な旅に出た3人は憎悪の連鎖が続く死闘を経験した人ばかりで、三者三様の心的外傷を抱えながら同行するが、過酷な旅を経て助け合い人種や立場を超えた人間同士の繋がりが生まれていく展開は感動的です。

 

侵略と復讐はくり返される・・・人はどうやって憎悪から解放されるのか?!
今では零細ジャンルとなった西部劇ですが、正統派スコット・クーパー監督らしい作品です。

『荒野の誓い』はTSUTAYAなら無料おためしで視聴ができます。
サブスクで映画視聴するなら圧倒的な作品数と、老舗なので安心できるTSUTAYAがおすすめです!

まとめ

3人はそれぞれの思惑を持ち、命がけの旅に出ます。
危険な長い旅路の果てに得たモノは、憎悪から和解へ、破壊から再生の旅でした。

『荒野の誓い』は、白人と先住民族との対立が激しかった時代に、家族や仲間を殺されながもお互いが理解し友情を深める西部劇です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください