ベイビードライバーのあらすじとキャストを紹介!スバルインプレッサが活躍!

ベイビードライバー

エドガー・ライト監督最新作『ベイビー・ドライバー』が、2017年8月19日に日本でも公開されます。
公開前に映画を見た批評家たちの支持率が現時点で98%公開初日の観客支持率は92%!
公開前からすでに好スタートを切っているこの映画のあらすじ、キャスト、海外での評価と見どころを紹介します!

Sponsored Link

映画『ベイビー・ドライバー』の作品情報

音楽にのりながら驚きのドライビングテクニックを見せる若きドライバーの活躍を、『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』のエドガー・ライト監督が描きます。

【原題】
Baby Driver

【公開】
2017年(アメリカ)6月28日

【監督】
エドガー・ライト

【配給】
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【キャスト】
アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・バーンサル、エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス

映画『ベイビー・ドライバー』のあらすじ

犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビーは天才的なドラインビングテクニックの持ち主。
幼い頃の事故の後遺症耳鳴りに悩まされているものの、音楽で外界から遮断されると耳鳴りが消え、驚異の運転能力を発揮するため、こだわりのプレイリストが揃ったiPodを仕事の必需品としていた。
ある日、ベイビーは運命の女性デボラと出会う。逃がし屋から足を洗おうとするが、ベイビーを気に入る犯罪組織のボスに脅され、無謀な強盗に手を貸すことになる。

映画『ベイビー・ドライバー』キャスト一覧

アンセル・エルゴート(ベイビー役)

アンセル・エルゴート

アメリカ、ニューヨーク市出身。1994年3月14日、写真家の父親とオペラの舞台演出家・プロデューサーの母親の元に生まれます。
2013年、キンバリー・ピアース監督の『キャリー』で映画デビュー。
2014年からSFアクション映画『ダイバージェント』三部作に出演、同じく2014年にロマンス映画『きっと、星のせいじゃない。』、コメディ映画『ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界』に出演。
本作で「ベイビー」と言われるように童顔で、193cmの高身長ということもあり、アイドル的人気があります。

ケビン・スペイシー(犯罪組織のボス役)

ケビン・スペイシー

アメリカ、ニュージャージー州出身1959年7月26日生まれ。
1986年に『心みだれて』で映画デビュー。
知らなかったのですが、歌やダンスもできるマルチな俳優さんなんですね!
1991年には『ロスト・イン・ヨーカーズ』でトニー賞を受賞しています。
1995年『セブン』、同年の『ユージュアル・サスペクツ』で注目を浴びアカデミー助演男優賞など多くの映画賞を受賞し、俳優としてその名を知らしめました。
そして、1999年の『アメリカン・ビューティー』でのユーモアとシニカルな演技を織り交ぜてアカデミー主演男優賞を受賞
一癖あるような役柄にピタリとハマるベテラン役者ですね。

リリー・ジェームズ(デボラ役)

リリー・ジェイムズ

イングランド・サリー州出身。1989年4月5日生まれ。
2012年に『タイタンの逆襲』で長編映画デビューし、イギリスのテレビドラマ『ダウントン・アビー』第3シリーズのレディー・ローズ・マクレア役で有名になりました。
そして、なんといっても2013年(2015年日本公開)のディズニー映画『シンデレラ』!
本作『ベイビー・ドライブ』でベイビーの運命の女性を演じるのにぴったりですね!

ジェイミー・フォックス(バッツ役)

ジェイミー・フォックス

アメリカ、テキサス州出身。1967年12月13日生まれ。
3歳からはピアノを習い始め、ジュリアード音楽院でピアノも学ぶも、卒業後はコメディアンに。
テレビ番組のシチュエーション・コメディ『ザ・ジェイミー・フォックス・ショー』は人気となり、1996年から2001年まで5年間続きました。
2004年『Ray/レイ』でレイ・チャールズ役を演じアカデミー主演男優賞を受賞
その後も2006年『ドリームガールズ』、2009年『路上のソリスト』、2014年『アメイジング・スパイダーマン2』『ANNIE/アニー』など多く出演しています。
本作では犯罪組織のボスの手下として、銃の名手の役だそうですよ!

Sponsored Link

映画『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督とは?

エドガー・ライト

イングランド・ドーセットのプール出身。1974年4月18日生まれ。
BBCなどでコメディ番組の制作を手がけていたが、シチュエーション・コメディ『スペースド』を制作し、イギリスで高い評価を得た。
2004年にはゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』がヒット、2007年にはコメディ映画『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』、2013年『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』もヒット作となりました。
本作『ベイビー・ドライバー』は監督の得意とするクライムアクションコメディですので期待しちゃいますね!

映画『ベイビー・ドライバー』の海外の評価

ベイビー・ドライバー

私が本作をRotten Tomatoesで初めて評価を見た時は、批評家の支持率100%でした。
現在は少し下がりましたが、それでも98%
公開初日の観客支持率は92%!
日本でのヒットも期待できそうですね(^^)

スバルのインプレッサが大活躍!

本作の見どころは言うまでもなくカー・アクションですが、そこでは日本車が大活躍します。
スバル「インプレッサ WRX」ダッジ「チャレンジャー」シボレー「カプリス」と共に迫力のカーチェイスを見せてくれるようです。

まとめ

エドガー・ライト監督最新作『ベイビー・ドライバー』は、2017年8月19日に日本公開
事故の後遺症の耳鳴りを音楽で消すと抜群のドライビングテクニックを見せる逃がし屋、ベイビーをアンセル・エルゴートが演じます。
運命の女性に出会い、足を洗おうとするベイビーを離そうとしない犯罪組織のボスからベイビーは逃げられるのでしょうか。
カーアクションと音楽が魅力の『ベイビー・ドライバー』をお楽しみに!

>>ベイビードライバー(字幕吹き替え)の動画を無料で視聴する方法

>>ベイビードライバーのサントラは懐メロと名曲がズラリ!トラックリストを紹介!

>>ベイビードライバーのダーリン役の女優エイザゴンザレスとは?

Sponsored Link


フォローする