【リメイク】ナイトメアアリーのオリジナル悪魔の往く町とキャストあらすじは?

悪魔

レオナルド・ディカプリオが、ギレルモ・デル・トロ監督の新作『ナイトメア・アリー(原題)』に出演するかも!?
意外な組み合わせな気がしますが、実現したら見てみたい!
映画の元となるオリジナルの映画について、またリメイク版のキャストやあらすじも紹介します!

Sponsored Link

オリジナル『悪魔の往く町』の作品情報

【原題】Nightmare Alley
【劇場公開】1947年
【監督】エドマンド・グールデイング
【キャスト】タイロン・パワー、ジョーン・ブロンデル、コーリン・グレイ、他

監督は『グランド・ホテル』などで知られるエドマンド・グールデイングです。
出演のタイロン・パワーは口八丁の詐欺師スタンを熱演し、評価の高い作品です。

『悪魔の往く町』はDVDで見ることができます↓
悪魔の往く町 [ タイロン・パワー ]

あらすじ

スタントン・カーライルは職を転々としていましたが、見世物小屋で働くことになります。

見世物小屋では、ニセの読心術師ジーナとその夫ピートと組みます。

ジーナとピートはかつて暗号を使った読心術で一斉を風靡していました。
そのことを知ったスタンはジーナと2人で組むことを提案しますが、ピートは暗号を教えてくれません。

ジーナはピートにアルコール中毒の治療をさせたいので、その暗号を売って入院させようと考えていました。

ある時スタンは仲間から酒を買いますが、ふらりと現れたピートに酒を渡してしまいます。
その酒は実は、メチルアルコールだったのでピートは死んでしまいます。

スタンとジーナは暗号を使った興行で大人気となりますが、スタンの助手にモリーがついたことから事態は変わっていき…。

『ナイトメア・アリー(原題)』の監督は?

View this post on Instagram

En Casa con mis Monstruosさん(@encasaconmismonstruos)がシェアした投稿

リメイク版『ナイトメア・アリー(原題)』の監督はギレルモ・デル・トロです。
近年のギレルモ・デル・トロは『シェイプ・オブ・ウォーター』『パンズ・ラビリンス』のようなダーク・ファンタジー、『パシフィック・リム』シリーズのような大型ロボットもの、『ホビット』シリーズのようなファンタジーなどですよね。

『悪魔の往く町』とはテイストが違うように思いますが、見世物小屋が出てくるのであれば『シェイプ・オブ・ウォーター』のようなテイストになるのかもしれません。

他に監督作は『クリムゾン・ピーク』『長ぐつをはいたネコ』『ヘルボーイ』シリーズ『カンフー・パンダ』シリーズなど多数。

独特の世界観は本になっても素敵です!

ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋[普及版]

ギレルモ・デル・トロの怪物の館 映画・創作ノート・コレクションの内なる世界

ギレルモ・デル・トロのシェイプ・オブ・ウォーター 混沌の時代に贈るおとぎ話

ギレルモ・デル・トロのパンズ・ラビリンス 異色のファンタジー映画の舞台裏

『ナイトメア・アリー(原題)』のキャスト

レオナルド・ディカプリオ(仮)

View this post on Instagram

Leonardo DiCaprioさん(@leonardodicaprio)がシェアした投稿

まだ決定ではないので(仮)です^^;

現在出演交渉中とのことですが、ギレルモ・デル・トロ監督作品でのディカプリオをぜひ見たい!

2019年は『ロビン・フッド(原題)』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の公開が控えていますね。

代表作は『レヴェナント 蘇えりし者』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『タイタニック』『アビエイター』など。

まとめ

・リメイク版『ナイトメア・アリー(原題)』のオリジナルは『悪魔の往く町』
・監督はギレルモ・デル・トロ。主演はレオナルド・ディカプリオ(仮)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする