ハリウッド版デスノートのL(エル)役キーススタンフィールドとはどんな俳優?

Lakeith Stanfield

『デスノート』のハリウッド版実写作品でL役が話題となりました。
そのLを演じるキース・スタンフィールドとはどんな俳優なのでしょう。
プロフィールやこれまでの活動、出演作などを紹介します!

Sponsored Link

キース・スタンフィールドのプロフィール


本名:LaKeith Lee Stanfield
生年月日:1991年8月12日
出生地:アメリカ・カリフォルニア州サンバーナーディーノ
職業:俳優、ラッパー

キースは家庭でのことを「貧しかった」と語っています。
高校の演劇部に入部し、俳優を目指しようになります。
後にロサンゼルスの演劇スクールに通い、CMのオーディションを受けるようになりました。

Sponsored Link

代表的な出演作

ショート・ターム

デスティン・ダニエル・クレットンが大学の卒業制作として監督した短編映画『Short Term 12』に出演し、その作品は2009年のサンダンス映画祭で上映され審査員賞を受賞しています。
後にクレットンは長編映画として『ショート・ターム』を製作しますが、キースは両方の作品に出演した唯一の俳優です。
キースは『Short Term 12』の出演後俳優業から離れ、携帯電話を持っていなかったため、『ショート・ターム』出演のオファーをするのに連絡が取れず、クレットンは困ったというエピソードがあります。
本作は2013年のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で審査員大賞を受賞しました。
クレットンとキースが作った劇中の曲『So You Know What It’s Lik』は高い評価を得ました。

パージ:アナーキー

パージ・アナーキー

2013年に公開された映画『パージ』の続編でアメリカ・フランス合作のアクション・ホラー映画です。
1年に1晩、19時から翌日7時までのあいだ、殺人を含む全ての犯罪が合法となり、警察・消防・救急医療が停止されるパージという制度があるという設定です。
犯罪率・失業率の低下に役立っているという名目だが、事実は貧困層や貧困地域をターゲットとする人工的な人口調節というもの。
なかなかすごい話ですが、続編ができたということは人気だったんですね。知らなかった、この映画。
キースは端役での出演のようです。

グローリー/明日への行進

グローリー

1965年の公民権運動、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアなどによるアラバマ州セルマからモンゴメリーへの行進を題材としたドラマで、キースは公民権運動家ジミー・リー・ジャクソンを演じています。

DOPE/ドープ!!

ファレル・ウィリアムス製作総指揮ヒップホップが満載のコメディ青春映画
キースは主演ではありませんが、映画は本当に面白そう!
2015年サンダンス映画祭で高い評価を集めました。

ストレイト・アウタ・コンプトン

Straight-Outta-Compton

ヒップホップ・グループ、N.W.A.の結成から解散、再結成までを描いた伝記的な音楽映画です。
キースはスヌープ・ドッグを演じています。

スノーデン

スノーデン

元CIA職員エドワード・スノーデンの実話をオリバー・ストーンが監督しました。
キースは端役のようです。

デスノート

キース・スタンフィールドの名前を日本に知らしめた作品。
NETFLIXでの公開となります。
L役がキースだと発表された時はビジュアルやイメージの違いが話題になりました。
元々は漫画が原作でアニメ、映画、テレビドラマ、更に映画の続編とやり尽くされた感があるデスノート。
このくらいインパクトがないと、今までの焼き直しになってしまうので、個人的には面白いな、と思います。
ぜひ見てみたい!

俳優でありラッパー

キース・スタンフィールドは俳優であり、ラッパーです。
Moorsというバンドのメンバーとして活動しています。
DOPE』の出演や『ショート・ターム』でのラップの披露、『ストレイト・アウタ・コンプトン』でスヌープ・ドッグを演じたのも納得ですね!

まとめ

・キース・スタンフィールドは『デスノート』出演でこれから日本でも注目されそう!
・俳優業だけでなく、ラッパーとしての活動も要チェック。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする