映画「ことの終わり」のあらすじ、感想(ネタバレ)

ことの終わり

1999年公開、ニール・ジョーダン監督。

原作はグレアム・グリーン『情事の終わり』

あらすじ

1940年代ロンドン。官僚ヘンリー(スティーヴン・レイ)は作家である友人のモーリス(レイフ・ファインズ)に妻のサラ(ジュリアン・ムーア)の浮気疑惑を相談する。

モーリスは以前サラと不倫関係にあったが、一方的に別れを告げられたことに腹を立てていた。

ヘンリーに代って探偵を雇い、サラの動向を調査し始める。探偵からの報告を聞きながら、モーリスは不倫していた当時のことを思い出す。

ヘンリーとサラの家で開かれたパーティーで二人は出合い、お互い一目で恋に落ちた。
戦争は彼らに味方し、逢引きしやすかった。空襲や警報で騒然とする中、二人は愛し合った。

しかしそれも長くは続かない。ある逢瀬の時、モーリスは空襲で吹き飛ばされ怪我を負ってしまう。
一度意識を失うが、モーリスの無事を確認したサラは、突然別れを告げた。
サラが別れようとする理由がわからず混乱するモーリスにサラは言う。
「愛しているわ。二度と会えなくても」
戦争が終わり、二人の関係も幕を閉じた。

ヘンリーがモーリスに妻のことを相談したのは、それから2年後のことだった。
モーリスとサラはヘンリーの家で再会した。

Sponsored Link

感想(ネタバレ注意)

大人の恋愛物語です。不倫ですけど^^;

不倫が以前より世間的に厳しい目で見られる昨今は、この作品は受け入れられないかも、と思いながらも紹介します(もちろん、不倫そのものには私は反対!)。

初めてこの映画を見た時は、1940年代のロンドンを再現し、徹底してクラシカルな空気を再現した舞台、大人の恋愛に引き込まれました。

主演のジュリアン・ムーアが当時のロンドンの貴婦人にピッタリなんです!なんて美しい人なんだ!と釘付けでした。

一方、サラと不倫関係になるモーリスは嫉妬深く、サラの足に張り付いているガーターベルトにまで嫉妬するほど。それだけサラのことを愛していたとも言えますが。

以前はそんな二人の恋愛物語として見ていましたが、最近またこの映画を見て、そうかこれは宗教の映画だったのか、とやっと気づきました。気づくの遅い!

欧州版「南京のキリスト」?と言ったら語弊があるかしら。

以下ネタバレなのでご注意くださいね。

第三の男

物語の肝であり、見どころでもあるのがサラに第三の男はいるのか、いるのであればそれは誰か、という謎解きです。

それは、サラがモーリスに突然別れを告げた理由を探ることでもあります。

サラとモーリスは別れてから二年後に再会しますが、サラを恨むモーリスは彼女を冷たくあしらいます。

それでも、調査は続き、探偵はサラの日記を盗むことに成功します。そこには二年前、サラがモーリスに別れを告げた時のことが書いてありました。

モーリスの記憶では、自分が空襲で吹き飛ばされ意識を失うものの目が覚めて、怪我を追ってサラがいた部屋に戻ると、サラがベッドに伏せていて、モーリスの無事を確認すると突然別れを告げたことになっています。

日記を読んだモーリスは真相を知ります。空襲で吹き飛ばされ意識を失った彼は瀕死の状態となっていたのです。
モーリスの元にサラが駆け付けるもすでに生命反応がありません。息を吹き込んでも反応はなく、サラは必死に祈ります。
「どうか彼を助けてください。もし彼が生き返れば、私は身を引きます。彼には二度と会いません。」(字幕参照)

その後、声が聞こえて振り向くと、怪我を負ったモーリスがいたのです。
祈りが通じた、とサラは思います。それなら誓いを守らなければいけない。
サラはモーリスに別れを告げ、彼を生き返らせてくれた神への信仰にのめりこんでいったのです。

ここで私号泣。(;_;)(;_;)(;_;)

サラの願いは、自分が彼と結ばれることではなく、彼が生きること、なんですよね。

自分と会わなくても、彼が元気でいて欲しい。それって究極の愛じゃないか、と思ったら泣けてきました。

それからサラは信仰にのめり込んでいく、つまり「第三の男」とは神だったのです。

信仰心のない私には感覚的には全くわかりませんが、サラが夢中になるものはなんでも許せないモーリス、神にも嫉妬します。あんまり嫉妬深いと嫌われるよ~(-_-;)

オチが神との三角関係、いや不倫なんだから夫も入れると四角関係!?想像つきませんでした!

Sponsored Link
日記を読んで真相を知ったモーリスは、サラの元に向かいます。

一方サラは、家の中で日記に自分の思いを綴っています。もう夫と別れなければ、と。自分の気持ちを隠して生きていることにサラは疲れてしまっていたのでしょう。

そこにヘンリーがやってきて、まるでサラの気持ちを見透かしたように「一緒にいてくれ」と言います。

また号泣(T_T)。私のことはいいですね。続けます。

たまらなくなったサラは家を飛び出しますが、そこでモーリスに出くわします。

モーリスからも逃げようとしますが、振り切れずに教会で追いつかれて話をします。日記を渡されたサラは、モーリスが真相を知ったことがわかります。

お互いの気持ちを再確認した二人はブライトンに逃避行します。気持ちが吹っ切れたように、楽しそうに過ごす二人。結婚しよう、と話します。

でも、サラの体調がよくありません。ロンドンに戻った二人の元にヘンリーがやってきて、サラの余命が半年だと言います。モーリスとの関係も知っていながら「一緒に看取ってくれ」と言うのです。

ヘンリーの愛の深さにも感動です。妻を本当に愛しているからこそ、サラが幸せならモーリスも一緒に暮らそう、と提案し、3人で暮らすのです。私なら無理だなぁ。

一人子供なのはモーリスです。嫉妬深いモーリスは、サラを訪ねてきた神父も追い返してしまうのです。

なぜなら、神父は「第三の男」である神の使いだから。そんなぁ。

モーリスにとっては、サラを奪おうとしている神が憎いんですね。

サラは「「運命には逆らえないわ。運命を愛するの」という言葉を残して亡くなります。

なんかね、死に方まで美しいですよ。しかも、奇跡を一つ残していました。

探偵には男の子がいました。その子の頬には大きな痣があったのですが、探偵の子とは知らなかったサラは駅まで送ってあげたことがあるのです。

別れ際、サラはその子の頬にキスをしました。

サラの葬式でモーリスと再会した探偵は、サラが起こした奇跡を見せます。

男の子の痣は消えていました。探偵は、サラが消してくれたと思っています。

偶然じゃないの?とか言わないヽ(`Д´)ノ!

人が良い探偵

この映画に出てくる登場人物では、モーリスが調査を依頼する探偵が好きです。

物語は、サラに夫でもモーリスでもない「第三の男」が現れたのか、それは誰かというサスペンス調で進みますが、そんな雰囲気を和らげる天然な雰囲気の探偵なんです。

モーリスが調査を依頼した時は探偵事務所の所長みたいな人に話をしたので、探偵はモーリスが「第三の男」だと勘違いして調査を始めたり、尾行している最中にモーリスに声をかけられて驚いたり、と和ませてくれます。

特に好きなシーンは2つあって、一つはモーリスに灰皿をプレゼントするところ。

それはサラとモーリスが逢瀬に使った部屋にあったもので「情事の目撃者です」と言って証拠品として渡すのだけど、モーリスにとっては二人の思い出の品なんですよね。粋だなぁ、と。

もう一つは、モーリスから依頼された調査が終わって、終盤にサラの夫ヘンリーから依頼を受けてモーリスとサラを尾行しと時の、モーリスとの会話。

その尾行中にモーリスに声をかけられ、サラとヘンリーを別れさせたいモーリスは自ら不倫の証拠品を渡します。以下字幕の通り。

「証拠物件A。汽車で買ったサンドイッチの領収書。分け合って食べた証拠だ」
「利用できます」
「証拠物件B。遊園地の乗り物のチケット」
「大助かりです」
「まだ足りない。ダメ押しに何が必要だ」
「写真が決め手になります」

モーリスは、ホテルの部屋にいるサラの元に戻ると、窓際に立たせてキスをし、探偵はその写真を撮るのです。

二人の関係を応援しているようで、モーリスとの会話がなんとも小気味よく聞こえます。

モーリスって…

この映画はモーリスが「憎しみの手記」と呼ぶなんともコワイ感じの文章をタイプするシーンで始まります。

作家としてモーリスが仕事をしているのですが、ラストはやはりタイプしているシーンで終わります。

「神は見事にやってのけた。僕の憎しみを利用して存在を認めさせた。
僕の願いはただ一つ。神よ僕を忘れてほしい。サラに愛を。ヘンリーにも。
どうか僕を永遠に忘れ去ってほしい」(字幕の通り)

サラを奪った神に嫉妬していたモーリスが敗北を認めてサラとヘンリーの幸せを願うというようにも取れるけれど、でも結局は「僕」なんじゃないか、と思ってしまいます。

映画を見ている間ずっと思っていたのですが…

サラはモーリスのどこがよかったの??

顔?一目惚れだったしなぁ。

でもさ、異常な嫉妬深さですよ。なんせガーターベルトや神にまで嫉妬するんですから。

結婚なんかした日には家から一歩も出させてもらえないかもしれない。

サラは美人だし性格まで美しいし、誰だって好きになっちゃうよなぁ、と思うような人なのに、なぜ選んだ相手がモーリスなのかしら。

私だったら、大切にしてくれるし愛情の深いヘンリーのほうがよほど素敵だと思うけど。

恋愛って、人生って、簡単にはいかないもんですね~。

Sponsored Link


フォローする