フレッドアステアの代表作・名作は?おすすめ映画を紹介!

music

タップダンサーとしてピカ一、一度踏んだステップは忘れない男フレッド・アステア!
今回はそんなフレッド・アステアのおすすめ映画を紹介します。

Sponsored Link

フレッド・アステアのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Cheryl~さん(@clash10heart)がシェアした投稿

1899年5月10日アメリカネブラスカ州オハマ生まれ。
本名フレデリク・オスターリッツ。
4歳からダンスを習い17歳でブロードウェイダンサーとして活躍。

フレッド・アステアの映画のおすすめ

Sponsored Link

コンチネンタル

ダンサーのガイはロンドンに帰る途中ある女性と出会い、ひとめ惚れしましたが、名前も聞かない内に彼女を見失ってしまいます。
ホテルでのジンジャーロジャーとの息の合ったダンスシーンが見どころです。

『コンチネンタル』についてはこちらから↓
コンチネンタル [ フレッド・アステア ]

青空に踊る


飛行隊のフレッド中尉は凱旋で帰国し休暇を貰います。
美しい新聞記者ジョーンにひとめ惚れ!
「輝ける時」という曲を歌うヒロインが素敵です。
二人で歌うシーンにもご注目下さい。

『青空に踊る』についてはこちらから↓
青空に踊る (名作洋画)[主演:フレッド・アステア/ジョーン・レスリー/監督:エドワード・H・グリフィス]

トップ・ハット

『コンチネンタル』で共演したジンジャーロジャーズとの作品です。
二人の息のあった踊りが魅力的です。
オープニングもスタイリッシュで爽やかです。
タップダンサージュリー・トラヴァースは結婚願望のない売れっ子です。
おせっかいは結構と歌って見せるシーンが愉快です。
雨の中で歌うナンバーもロマンティックです。

『トップ・ハット』についてはこちらから↓
トップ・ハット ニューマスター版

有頂天時代

こちらの作品もお相手はジンジャーロジャーズさん!
ギャンブル好きの人気ダンサー、ラッキーは結婚をして引退するつもりでしたが、大遅刻!
ラッキーは結局故郷を去り、たった一枚の幸運のコインだけを持ってニューヨークへ。
美しいキャロルと出会い追いかけえて素人のふりでダンススクールへ潜入します。
ハチャメチャコメディーミュージカルです。

『有頂天時代』についてはこちらから↓
スイング・タイム(有頂天時代)

スイング・ホテル

『スイング・ホテル』についてはこちらから↓
スイング・ホテル 名作洋画 主演:ビング・クロスビー フレッド・アステア 監督:マーク・サンドリッチ

セカンド・コーラス

『セカンド・コーラス』についてはこちらから↓
セカンド・コーラス [ フレッド・アステア ]

恋愛準決勝戦

モノクロ映画からカラーへ。
エリザベス女王成婚にちなんで作成されたミュージカル映画です。
トムとエレンは兄妹のダンスチームで活躍しており、成婚時期にロンドンに招かれますが、そこで二人ともあると恋に落ちます。
フレッドアステアのタップシーンが圧巻です。
帽子かけと踊るところなんてお茶目です。

『恋愛準決勝戦』についてはこちらから↓
恋愛準決勝戦 [ フレッド・アステア ]

バンド・ワゴン


有名だったダンサーのトニー・ハンターは私物をオークションにかけなければならないほど落ちぶれてしまっていました。ちょっと年を取って来て渋くなったフレッドアステアですがキレッキレッのダンスが光ります。自由気ままに古いゲームセンターで陽気に歌い出します。ガールズハントの一幕にも注目して下さい。まさにザッツ・エンターテイメント!

『バンド・ワゴン』についてはこちらから↓
バンド・ワゴン [ フレッド・アステア ]

晴れて今宵は


リタヘイワースとの共演映画です。
ダンサー、ロバートは休暇で訪れたブエノスアイレスで競馬で一文なしになってしまいますが売りのダンスで出演して稼ごうとしますが邪魔が入り、結婚式の余興で踊ることになります。
優しい歌声で場を盛り上げます。
最悪の出会いをしてしまったロバートとマリアの恋の行方は!
仕事を得る為に必死のダンスが凄いですよ。

『晴れて今宵は』についてはこちらから↓
晴れて今宵は [ フレッド・アステア ]

パリの恋人

お相手はオードリーヘップバーン!
もう引退していたフレッドアステアが華麗にステップを踏みます。
ファッション雑誌の撮影カメラマンのディックはある撮影で書店に乗り込みます。
そこで店員ジョーと知り合います。
引き延ばした写真の中にジョーの美しさが光っていました。
無名の彼女を連れて新作の撮影にパリへ!
みんなでおのぼりさんになっちゃう曲や二階に行く為の口実で二人でダンスをしながら階段をのぼって行くダンスシーンが面白いですよ。

『パリの恋人』についてはこちらから↓
パリの恋人 [ オードリー・ヘプバーン ]

まとめ

フレッド・アステアは最高のタップダンサー。
むしろ映画の内容よりもダンスシーンや歌うシーンに注目してしまう作品ばかりです。
踊れたら楽しいだろうなぁそう思わせる作品群。
白黒映画多数ですが、苦もなく見ていられますよ。

Sponsored Link


フォローする