岩下志麻の代表作!おすすめ映画を紹介します

フィルム
岩下志麻といえば妖艶で時に華憐な日本を代表する女優!
役柄はお嬢様から極道の妻まで多岐に渡ります。
今回はそんな岩下志麻のおすすめ映画・代表作を紹介します!

Sponsored Link

岩下志麻のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

隊長さん(@nekotaicho214)がシェアした投稿

岩下志麻 いわしたしま
1941年1月3日
東京都生まれ。
高校在学中にNHK連続ドラマ
『バス通り裏』で芸能界デビュー。
『はなれ瞽女おりん』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞
『五瓣の椿』でブルーリボン主演女優賞などを受賞。

岩下志麻のおすすめ・代表作

Sponsored Link

鬼龍院花子の生涯

鬼龍院家に養女として来た松恵(夏目雅子)視点で描かれる鬼龍院家との物語。
物語は雅江が養女へ来るところから始まります。
主、鬼雅(仲代達矢)その妻、歌役に(岩下志麻)が出演してます。

オープニング
朱の裾除けをチラリと見せて降り立つ岩下志麻さんにまず目を引かれます。

家の女(妾)を束ねる女主人。

台詞は少ないですがそこにいるだけで存在感を放つ岩下志麻さんをご覧下さい。

『鬼龍院花子の生涯』についてはこちら↓
鬼龍院花子の生涯 [Blu-ray]

五瓣の椿

父を亡くした、おしの間男と遊んでいる母の元を訪ねます。
そこで知らされる衝撃の事実。

男と肌を重ねたことのない女はその美貌を使い男を巧みにその気にさせます。
その後には椿の花が残ります。

何人もの男を翻弄していく岩下志麻の華憐な中に見え隠れする女の色気にむせ返ります。

山本周五郎、同名原作小説も是非読んでみて下さい。

原作はこちら↓
五瓣の椿 (新潮文庫)

映画『鬼龍院花子の生涯』についてはこちら↓
五瓣の椿 [ 岩下志麻 ]

鬼畜

松本清張原作の映画。

緒形拳演じる宗吉。
岩下志麻演じるお梅。

印刷業稼業としています。
二人の間に子供はいません。

宗吉は外に妾を作り、その妾が三人の子を連れて金の無心にやって来ます。
その時初めてお梅はその女の存在を知りました。

妾の連れ子を育てることになりましたが、お梅は全く関わろうとしません。

段々と狂気に満ちてくるお梅と追い詰められる緒形拳とのやりとりが脅迫めいた緊張感を作り出しています。

『鬼畜』についてはこちら↓
鬼畜 [ 岩下志麻 ]

内海の輪

元夫の弟、宗三(中尾彬)と不倫の関係にある美奈子(岩下志麻)。
現在は松山の洋服店の女主人。

夫と別れたその日の帰り道、雪深い田舎で二人は途中下車し肌を重ねました。

東京に戻る度に二人は肌を合わせていました。
段々本気になっていく美奈子を宗三は疎ましがり始めます。

洋服姿で歩く岩下志麻さんが新鮮です。

『内海の輪』についてはこちら↓
あの頃映画 松竹DVDコレクション 70’s Collection::内海の輪 [ 岩下志麻 ]

女の一生

昭和の時代、旧家の一人娘伸子(岩下志麻)は長い療養へ経て家に帰って来ました。
やがて、宗一と出会い結婚しますが彼は優しさを被ったただの色事師でした。

幸せとは言えない伸子の一生を描いた作品です。
若妻から初老まで美しくも演じ分けた岩下志麻さんの演技に注目です。

『女の一生』についてはこちら↓
女の一生 [ 岩下志麻 ]

極道の妻たち

岩下志麻の代表作である極妻シリーズ。

第一作は若き、かたせ梨乃が妹役で共演しています。

その姉妹の実家は小さな町工場でした。
突然、現れた極道の妻になった姉(岩下志麻)は妹に縁談を持って来ます。
その妹も極道の道を歩んでしまうこととなります。

女だてらに男を束ねる姐さんに痺れる作品です。

取っ組み合いシーンも必見です。

『極道の妻たち』についてはこちら↓
極道の妻たち [ 岩下志麻 ]

影の車

夫が死に息子と二人暮らしの泰子。
バス通勤中に旅行代理店に勤めている浜島と出会います。

次第に惹かれあい女に戻ってしまった泰子。
息子も浜島に懐き出したかに見えました。

軽快な音楽とともにシュールでありながら狂気に満ちた男だけの二人っきりの時間が重なっていきます。

『影の車』についてはこちら↓
【DVD】影の車岩下志麻 [DA-5772]

北の螢

主演、仲代達矢
監督、五社英雄
豪華な共演作品です。

明治、開拓途上の北海道。
雪の日、ゆう(岩下志麻)は助けらました。
ぼろ雑巾のような彼女を磨くとびっくり。
妖艶な女性でした。

それもそのはず京で売れっ子の芸子だったのです。

三味線を弾きつつ一曲歌うシーンが美しくもありはかないです。

『北の螢』についてはこちら↓
北の螢 [ 仲代達矢 ]

必殺仕掛人 春雪仕掛針

主演、緒形拳(梅安)。
針の先生として巷では知られている梅安は金で人殺しを請け負う仕掛人でした。

盗人の女に身を落としてしまった千代(岩下志麻)を救うために、彼女の子分を殺すよう依頼された梅安ですが、千代はかつて梅安の女でした。。

人生を踏み外した哀れで儚い女の生き様を演じています。

『必殺仕掛人 春雪仕掛針』についてはこちら↓
必殺仕掛人 春雪仕掛針 [ 緒形拳 ]

はなれ瞽女おりん

小さい頃に親に捨てられたおりん。
めくら(目が悪かった)里見の親方の所に連れて来られました。

瞽女という集団からのけ者にされて三味線と歌だけで渡り歩く暮らしをするおりんは、宿なしの男と巡り合います。

おりんの歌と三味線がとても素敵な作品です。

『はなれ瞽女おりん』についてはこちら↓
はなれ瞽女おりん [ 岩下志麻 ]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする