バースデーワンダーランドの原作は?キャスト声優も紹介!

ケーキ

映画『バースデー・ワンダーランド』には原作があります。
キャスト・声優とともに紹介しますね!

Sponsored Link

『バースデー・ワンダーランド』の作品情報

【劇場公開日】2019年4月26日
【製作年】2019年
【製作国】日本
【配給】ワーナー・ブラザース映画
【監督】原恵一

あらすじ

誕生日の前日、自分に自信がない少女アカネの前に、謎めいた大錬金術師ヒポクラテスとその弟子ピポが現れる。自分たちの世界を救ってほしいと必死で訴える2人に無理やり連れて行かれたのは、骨董屋の地下室の扉から繋がるワンダーランドだった。不思議な動物や人が住むそのカラフルな世界は、色が消えてしまう危機に陥っていた。ワンダーランドを守る救世主にされてしまったアカネは大冒険を繰り広げ、やがて人生を変える決断を迫られる。

引用元:映画.com

『バースデー・ワンダーランド』の原作は?

『バースデー・ワンダーランド』の原作は柏葉幸子のベストセラーとなった『地下室からのふしぎな旅』です。

映画では主人公アカネは骨董屋の地下から冒険に出かけるようですが、原作では薬局のようです。
原作とは多少異なるところがあるようですね。

大まかなストーリーは同じだとは思いますが、映画と原作の違いを比べてみるのも面白そうです(^^)

本書はアマゾンでも購入可能です↓

電子書籍なら書籍よりリーズナブルです。
すぐにダウンロードできますしね↓
『地下室からのふしぎな旅 (新装版)』 柏葉幸子

『バースデー・ワンダーランド』のキャスト・声優

Sponsored Link

松岡茉優/アカネ

View this post on Instagram

松岡茉優さん(@matsuokamayu_)がシェアした投稿


自分に自信のない女の子アカネの声優をつとめるのは松岡茉優です。
「声優の仕事は力んでしまうし、『お邪魔します』という気持ち」だそう。

それでも、監督のアカネへの愛情に応えたい、と思ったそうです。
自信のない女の子が冒険を通して成長する姿を素敵に演じてくれそうですね!

2018年は『万引き家族』に出演、今年は『蜜蜂と遠雷』の公開も控え今後が楽しみな女優さんです(^^)

杏/チィ

View this post on Instagram

スズキ乗りのスズキさん(@labatyd1970)がシェアした投稿


アカネのおばチィを演じるのは杏です。
元気なイメージが強い杏なら安心して見ていられそう!

『グリンチ』や『アンパンマン』でも声優を努めています。

麻生久美子/ミドリ

View this post on Instagram

Haruさん(@haru134949)がシェアした投稿

アカネの母親ミドリ役を演じるのは麻生久美子です。
若いお母さんだなぁ(*^^*)

『時効警察』『インスタント沼』など独特な役も嫌味なく演じてくれますよね~。
今回はわりと落ち着いた感じでしょうか。

市村正親/ヒポクラテス

View this post on Instagram

チバヒデトシさん(@chibahide_tokyoart)がシェアした投稿


ヒポクラテスはアカネをワンダーランドの冒険に巻き込む大錬金術師です。
ベテラン市村正親の声が渋く響きますね~。

『劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』『ストリングス 愛と絆の旅路』『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』などアニメの吹替えも意外と(?)多いので安心して見られますね(*^^*)

矢島晶子/ドロポ

矢島晶子
初代クレヨンしんちゃんの声でお馴染みの矢島晶子は悪役ドロポの声を担当しています。
しんちゃんのコミカルなタッチとは違う悪役の演技が楽しみです!

藤原啓治/ザン・グ

藤原啓治
しんちゃんつながりで初代野原ひろしの声を努めた藤原啓治は矢島晶子と共に悪役コンビの一人ザン・グを演じています。
こちらもひろし役とのギャップが楽しみです!

まとめ

・『バースデー・ワンダーランド』の原作は柏葉幸子のベストセラー『地下室からのふしぎな旅』。
・声優は松岡茉優、杏、麻生久美子、市村正親など豪華キャスト。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする