映画マイロのふしぎな冒険の原作は?少年マイロの火星冒険記と関係ある?

マイロのふしぎな冒険

映画『マイロのふしぎな冒険』の制作が決定しましたが、原作が気になります!
また、以前公開されたディズニー映画『少年マイロの火星冒険記』はタイトルが気になったのですが関係あるのでしょうか。
原作や『少年マイロの火星冒険記』との関係についてふれていきます。

Sponsored Link

映画『マイロのふしぎな冒険』について

映画『マイロのふしぎな冒険』は制作が決定しましたが、まだ詳細は明らかになっていません。
監督は『アイス・エイジ』カルロス・サルダーニャです。

『アイス・エイジ』といえば2002年に公開されシリーズ化して5作目まで作られた大ヒット作です。
その監督が手がける映画とあれば『マイロのふしぎな冒険』への期待も高まりますね!

アイス・エイジと違い実写映画ですが、まだ出演者は発表されていません。
スケールの大きな映画となるのでは、と思っています。

また情報が公開されましたら更新しますね!

『マイロのふしぎな冒険』の原作

マイロのふしぎな冒険
『マイロのふしぎな冒険』の原作はノートン・ジャスターの同名児童書です。

あらすじは、面倒くさがり屋の男の子マイロの部屋に、ある時高速道路の料金所が現れます。
そして冒険に出発しさまざまな経験をする、というお話です。

子供らしいファンタジックな物語のようですが、なんだかあらすじを聞いただけでもワクワクします(^^)

初版は1961年というベストセラーで、世界で100万部以上読まれている名作です。

子供を持つ親としては読ませてあげたいなぁ、と思いましたが現在は販売されていません。
児童書なので、図書館にはあるかもしれませんね。

きっと、映画が公開される前には再販されることと思います。
その時はこちらでも紹介しますね!

Sponsored Link

『少年マイロの火星冒険記』との関係は?

少年マイロの火星冒険記
原作を調べようと検索していたら、『少年マイロの火星冒険記』という映画がヒットしました。
タイトルに「マイロ」「冒険」という二文字が被るので関係あるお話なのかな?と思いどんな映画か調べてみました。

ディズニー映画だったのですね~。
ティザー・ビジュアルがザスーラに似ていますね。

ザスーラ
2011年の映画ですが、その存在を知りませんでした。

内容は、マイロという男の子がお母さんと喧嘩してしまい、ひどい言葉を言ってしまいます。
夜になってお母さんに謝ろうと思い母の眠る寝室を開けると、そこには宇宙船があり母は捕まえられていました。

宇宙船に潜り込み、辿り着いた先は高度な文明の火星。
なぜマイロの母は誘拐されたのか…というお話。

どうやら、『マイロのふしぎな冒険』とは関係ないようですね。
今後公開される映画『マイロのふしぎな冒険』は『少年マイロの火星冒険記』のリメイクということはなさそうです。

『少年マイロの火星冒険記』はCGアニメーションで、マイロの吹替えは濱田龍臣、パパはバナナマンの設楽統でした。
ですが、興行は大コケ。100億円以上の損失だったそうです。

ディズニーでもそんなことがあったのですね。
監督は『タイムマシン』のサイモン・ウェイズ、製作は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキスなので面白そうですけど。

というかCGってほんとお金かかるんですね^^;
3Dですしね。

『マイロのふしぎな冒険』から話がそれましたが、『少年マイロの火星冒険記』も見たくなりました^^;

『少年マイロの火星冒険記』についてはこちら↓
少年マイロの火星冒険記 [Blu-ray]

まとめ

・『マイロのふしぎな冒険』の原作はノートン・ジャスターの同名児童書
・映画『少年マイロの火星冒険記』とは関係なし。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする