オダギリジョーのおすすめ映画は?名作傑作代表作を紹介!

man

今も、クールなイメージと役作りに定評があるオダギリジョー。

昔から長く俳優をやっているということもあり、多くのファンがいますね。

そんな著者である私も、昔からのオダギリジョーのファン。

今回は、そんなオダギリジョーのおすすめ作品をご紹介致します。

邦画俳優という事もあり、映画のみならず数々の作品に出演しています。

映画のほかにも、少しだけドラマも交えてご紹介していきましょう!

オダギリジョーのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

@jellyfishsyndromeがシェアした投稿

本名:小田切 譲
生年月日:1976年2月16日
出生地:岡山県津山市

母子家庭だったため、小さい頃は映画館に預けられて育ったようです。
俳優になる前は、映画監督志望だったのは、この小さいころの生活がきっかけ。

カリフォルニア州立大学フレズノ校に留学する際、願書の記入ミスで、演劇学へ進学してしまいます。
本来であれば、演出コースへ行きたかったのだとか・・・・笑
でも、これがきっかけで、本格的に俳優への扉を開くことになります。

その後、仮面ライダーの主人公・五代雄介(ごだい ゆうすけ)役にオーディションで選ばれ、一躍名前を世間に浸透させることとなります。
でも最初は、リアルな芝居がやりたかったらしく、特撮の撮影は嫌いだったとか。
それでも、監督からの助言もあり、役を引き受けたそうです。

現在は、女優の香椎由宇と結婚し、家庭をもうけています。

オダギリジョーのおすすめ、代表作

あずみ

あらすじ

主人公のあずみは、加藤清正の仇をとろうとする井上勘兵衛に付け狙われる日々を送っていた。
しかし、ひょんなきっかけから、再び旅に出ることになってしまう。
道中で、初恋の相手と出会いながら、成長していく、少女の物語。

おすすめポイント

オダギリジョーがデビューして間もないころに出演した映画です。
主演のあずみ役には、上戸彩。
やはり、主人公である上戸彩へのスポットが大きい作品になりますが、若き頃のオダギリジョーを楽しみたい方にはおススメです。

この映画をTSUTAYAで見る>>

THE 有頂天ホテル


あらすじ

大晦日の夜10時から年明けまでの2時間に、ホテル・アバンティで起こる人間模様を描いたコメディ作品。
それぞれのストーリーを、コミカルかつ付箋回収をしながら、物語が進んでいく。
観客動員数470万人を記録した、三谷幸喜のヒット作品。

おすすめポイント

主演は役所広司。ホテルの支配人の役ですが、オダギリジョーもしっかりと出演しています。
役どころは、筆の達人筆耕係・右近。
原作者の文章を、分かりやすく書き直すお仕事ですね。
三谷幸喜の作品に、オダギリジョーもいくつか出演しているので、要チェックです。

この映画をTSUTAYAで見る>>

蟲師


あらすじ

100年前の日本が舞台。
ギンコ(主人公)は雪が深く積もる山の庄屋で、4本の異様な角が生えた少女・真火と出会い、彼女の病気の原因を探ることになる。
無事に病気を治すが、そこからの展開をきっかけに、蟲にとりつかれてしまったギンコ。
リハビリ治療のために、旅に出ることになり・・・・。

おすすめポイント

オダギリジョー主演作品です。
原作に忠実に再現されている箇所も多く、とても評判がよかった作品です。
そしてとにかくオダギリジョーがかっこいい!!
オダギリジョーのファンなら、是非ともみていただきたい作品のひとつです。

この映画をTSUTAYAで見る>>

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜

あらすじ

1960年代、ボク(主人公)は酔っぱらってきたオトンの焼き鳥を食べさせられるところから物語は始まる。
以降、オカンの手ひとつで育てられたボクは、東京へと行きつくのであった。

おすすめポイント

こちらも、オダギリジョーのファンんら見ておくべき主演作品です。
東京へ夢をみて、頑張った人たちには、心にくるものがある作品。
今は亡き、樹木希林との素晴らしい共演も見ものです。

この映画をTSUTAYAで見る>>

転々


あらすじ

大学8年生の竹村文哉は、借金を抱えており、どうしようもない状況に陥っていた。
そんなある時、借金取りも福原という人物が声をかけてきて、100万渡す代わりに東京散歩に付き合って欲しいと願い出てくる。
主人公は、この契約を受け入れ、ふたりの散歩がはじまった・・・。

おすすめポイント

のほほんとした雰囲気の中、生きる事と責任について考えさせられる作品です。
オダギリジョーのやりたかった、自然な演技の魅力が詰まっています。
最後の展開も、魅力的、是非ご覧ください。

この映画をTSUTAYAで見る>>

パッチギ!

あらすじ

高校2年生の松山康介は、常日頃から争い事の絶えない朝鮮高校(朝高)にサッカーの練習試合を申し込むことになる。
しかし、意気揚々と高校へ向かうと、フルートを演奏している美女に一目ぼれ。
その女性へ好意を抱くようになるが、実はその女性がある人物が関係していて・・・

おすすめポイント

鬼の監督で有名な、井筒監督演出の作品。
オダギリジョーはというと、ちょっとしたヒントを与える脇役として登場します。
ガッツリ出演しているというわけではないですが、パッチギ!自体は、名前もよく知られている作品ですね。

この映画をTSUTAYAで見る>>

プラトニック・セックス

あらすじ

故人である、飯島愛が執筆した本を映画化した作品。
10代の頃から、家出をし、シンナー・同棲・強姦など壮絶な人生を送ってきた様子を描いている。

おすすめポイント

オダギリジョーは、映画版への出演となり、過激な内容を含んでいるためR指定が入っています。
少し大人向けの作品。
しかし、女性にこそ見て欲しい作品です。

イン・ザ・プール

あらすじ

奥田英朗による日本の短編小説をカバーした映画。
オムニバス形式となっている。
オダギリジョーは「勃ちっ放し」主人公を演じた。
淫夢を見て勃起していたところ、棚から落ちてきた広辞苑が直撃し、鎮まらなくなってしまう・・・

おすすめポイント

こちらは、全てに出演しているというわけではなく、第二話のみの出演です。
オダギリジョーのコミカルな演技に注目!
内容的には、男性は少しヒヤッとする作品かもしれません・・・・笑

この映画をTSUTAYAで見る>>

仮面ライダークウガ

あらすじ

言わずと知れた、仮面ライダーシリーズ。
捜査に当たった長野県警刑事は、五代雄介と名乗る冒険家の青年と出会う。
雄介はそこで見せてもらった証拠品のベルト状の遺物から、戦士のイメージを感じ取るのであった・・・

おすすめポイント

オダギリジョーを語るうえでは欠かせない、仮面ライダーシリーズです。
こちらは、テレビドラマのみならず、映画も上映されています。
髭のないオダギリジョーは結構新鮮!

この映画をTSUTAYAで見る>>

大河ドラマ 新選組!

あらすじ

幕末時代、幕府は開国を目指す尊王攘夷運動を手掛ける助っ人として、新選組を結成した。
局長には近藤勇、副局長には土方歳三を迎え、幕府の敵を打ち砕く日々が始まった・・・・。

おすすめポイント

三谷幸喜監督の大河ドラマ。
オダギリジョーは、斎藤一という、新選組ファンであれば根強い人気を持つキャラクターを演じています。
物静かな役なので、セルフは少なめですが、存在感は抜群!
アフターストーリーの作品にもしっかり出演しているので、是非ご覧ください。

この映画をTSUTAYAで見る>>

まとめ

こう見ると、オダギリジョーは、主演といるより名脇役として出演していることが多いようですね。

そして、内容的にも、結構暗いというか、静かな作品が多いような気がします。

仕事に疲れた時、何か悩みがある時など。オダギリジョーの作品に触れてみてはいかがですか?

きっと、心が少し、軽くなると思います。
エルネスト映画エルネストで描くフレディ前村とは?原作の本も紹介舟を編む映画「舟を編む」のあらすじ、感想、ネタバレ、結末

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください