スティーブンセガールの映画一覧まとめ!日本のテレビで放送される理由

Steven Seagal

以前から謎に思っていたことがありまして…

それは、「スティーブン・セガールの映画ってなんでこんなによく放送されるの?」という疑問。

それなのに、自分の回りにはセガールファンが1人もいない!誰が見てるの(失礼な!)?

テレ東なんて「スティーブン・セガール劇場」「今月のセガール」と特集組むくらいセガール愛がすごい!

そんなことを言ってる私ですが、実はスティーブン・セガールの映画を見たことがありません^^;

どんな映画があるのか、この際全部チェックしてみようと思います。
なぜ、テレビでよく放送されるのか、まずは1作見てから考察します!

Sponsored Link

スティーブン・セガールの映画一覧

主演作品においてはすべてアクション!

すごいですね…一貫してます。

ドキュメントでの本人役、特別出演の作品は覗いて一覧を載せます。

刑事ニコ/法の死角

スティーブン・セガールのデビュー作です。

ハード・トゥ・キル

刑事メイソン・ストーム役。

死の標的

アウト・フォー・ジャスティス

@xoxo_1126がシェアした投稿

沈黙の戦艦

沈黙の要塞

@xoxo_1126がシェアした投稿

暴走特急

@xoxo_1126がシェアした投稿

エグゼクティブ・デシジョン

グリマーマン

nagaaa62さん(@nagaaa62)がシェアした投稿

沈黙の断崖

沈黙の陰謀

沈黙のテロリスト

DENGEKI 電撃

奪還 DAKKAN -アルカトラズ-

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的

ICHIGEKI 一撃

ウィリアム・ランシング役

沈黙の追撃

イントゥ・ザ・サン

撃鉄2 -クリティカル・リミット-

沈黙の脱獄

沈黙の傭兵

沈黙の奪還

沈黙のステルス

沈黙の激突

Akito618さん(@akitoazuma)がシェアした投稿

沈黙の報復

ukiさん(@uuki215)がシェアした投稿

鉄板ニュース伝説

弾突 DANTOTSU

雷神-RAIJIN

ジェイコブ・キング役で主役を演じています。

斬撃 ZANGEKI

沈黙の逆襲

沈黙の鎮魂歌

沈黙の鉄拳

Zakuさん(@ohcammet)がシェアした投稿

マチェーテ

沈黙の復讐

TRUE JUSTICE


セガール初のテレビドラマシリーズ

沈黙の宿命/沈黙の啓示/沈黙の背信/沈黙の弾痕/沈黙の挽歌/沈黙の神拳

TRUE JUSTICE2


テレビドラマシリーズ、シーズン2

沈黙の嵐/沈黙の掟/沈黙の牙/沈黙の炎/沈黙の刻/沈黙の魂

沈黙の監獄

沈黙の処刑軍団

リターンド・ソルジャー 正義執行人

沈黙のSHINGEKI/進撃

沈黙の制裁

なみさん(@nami.ijiri)がシェアした投稿

キリング・サラザール 沈黙の作戦(ミッション)

沈黙のアフガン

沈黙の粛清

ΣZ∽さん(@asbubw)がシェアした投稿

沈黙の包囲網 アジアン・コネクション

沈黙の帝王

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾

すごい作品数!
ゆえに各映画の紹介文を書いてません。ごめんなさいm(_ _)m

この中から一つ映画を見ました!

『エグゼクティブ・デシジョン』を見てみた

困ったらアマゾンプライム!
スティーブン・セガールで検索したらありましたよ、2作品!
一つは『沈黙の嵐 TRUE JUSTICE2 PART1』だけど、「2」から見てもなぁ、と思いもう一つの『エグゼクティブ・デシジョン』を視聴。
評価は星4.4/5なので期待して見ると…

あれ?40分過ぎたところでスティーブン・セガールが消えた
カート・ラッセルに「あとは任せた」とか言って消えた!!

写真ではカート・ラッセルと並んでがっつりスティーブン・セガールが写っているからてっきりダブル主演だと思いこんでました。
でも、内容はカート・ラッセル主演で、セガールはカート・ラッセルが活躍するための背景を作っただけ。
カート・ラッセルの映画にセガールも出たよ、という感じでした(T_T)

これでは「スティーブン・セガールの映画を見た」とは言えないかもしれませんね。
いつもの「セガール映画」と同じような感じなのか違うのか全くわかりません。
セレクトを間違えました(;_;)

「2」であっても「沈黙の嵐」を見るべきだったかも…。
見た後に知りましたがセガールはこの映画でラジー賞の「最低助演男優賞」にノミネートされています。
演技がひどかったとは思いませんが、きっとアメリカでも「あんな早々に消えちゃうなんて!」と思われたのかもしれません。


この姿を見られたのは最初だけ…

でも、映画自体は面白かったです!
飛行機を乗っ取ったテロリストと、テロを防ごうとするアメリカ軍+専門家2人の戦いなのですが、作戦の早々にリーダーのセガールが仲間に戦いを託して壊れた飛行機と共に空に消えます。
これから作戦を実行、という時にリーダーはいないし、重要な爆弾処理のスペシャリストは負傷して動けず、という状況に。
テロの専門家がブレーンとなって軍隊数名が実行していくのですが、2時間12分の間ずっと緊張感があって面白かったです。
長い映画なので最後まで飽きずに見られるかな、と思ったのですが最後の最後までピンチが続いていく展開に引き込まれました。
紅一点のハル・ベリーの演技が素晴らしかった!
アクションだけだと薄っぺらい映画になってしまうところ、観客に近い立場のハル・ベリーがいることで感情移入できるし映画と観客の距離が近くなったと思います。

セガール映画が愛される理由

他のスティーブン・セガール主演の映画は見ていないけれど「勧善懲悪がはっきりしていてわかりやすい」のが魅力のようです。
エグゼクティブ・デシジョン』もそうでした。
ストーリーがわかりやすく、最後は正義か勝つのよね、という安心感はありつつそれまでの展開はハラハラさせられるというのは確かに好まれると思います。
きっと、セガール映画が愛される理由はそこなのでしょうね(^^)

Sponsored Link

対象は年配者?

スティーブン・セガールは1952年生まれです。
ですので、彼の映画を好んで見る人たちは同じかもう少し若い世代なのかな、と思います。
それより下の世代のアクションスターだとジャッキー・チェンあたりですよね。
ジャッキー映画だとゴールデンでも放送されたりしますが、セガール映画はテレ東の午後ロードによく登場します。
見る世代を考えるとそれもうなずける気がします。

それに、独身世代だったら恋愛映画もいいかもしれませんが、結婚して子供も成長した世代だったらサスペンスやアクションなど、お約束が多くてもツボは外さないような映画のほうがしらけずに楽しめるかもしれません。
私はジャッキー世代なのでもう少し下だけれど、それでも結婚して子供が生まれてからは「甘ったるいのはもういいや~」と思うので納得^^;

スティーブン・セガールは日本通

藤谷文子

娘の藤谷文子

スティーブン・セガールは17歳の時から10年以上大阪に滞在していたそうです。
映画の宣伝でも日本語で流暢に話していますね。

英語を教えながら禅や合気道、剣道、柔道、空手や太極拳など日本武道と中国武術を学んだとのこと。
合気道においては7段を允許。

日本で合気道道場の娘、藤谷美也子と結婚し一男一女をもうけますが、1983年にアメリカへ帰国します。
ちなみに娘の藤谷文子、息子の剣太郎セガール共に俳優になっています。

日清食品のカップうどん「ごんぶと」やアリナミンAのCMに出演するなど、映画以外でも日本になじみがあります。
日本人に愛されてる証拠ですね!

まとめ

個人的な考察ですが、スティーブン・セガールの映画がよくテレビで放送される理由は…
・スティーブン・セガールの映画は勧善懲悪でわかりやすく、安心して楽しめる!
・日本通なので親しみが持てて日本人に愛される。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link


フォローする